コミックエッセイルーム

作家紹介

久世 番子

久世 番子

1977年愛知県生まれ。2000年に漫画家でデビュー。2004年から書店でのアルバイト経験をもとにしたコミックエッセイ『暴れん坊本屋さん』の連載がスタートし、単行本はベストセラーに。2006年アルバイトしていた書店を退職し、漫画家業に専念。主な著書に『パレス・メイヂ』『宮廷画家のうるさい余白』『神は細部に宿るのよ』『よちよち文藝部』などがある。
Twitter:@bankolan

よち文・世界文學篇発売になりました。よろしくお願いします!日本近代文学を読む元祖・よちよち文藝部も是非どうぞ。

作品一覧

よちよち文藝部 世界文學篇

番子部長率いる「よちよち文藝部」が帰ってきました! よちよちした取材と綿密な妄想で語り倒す爆笑の、あの人気シリーズが世界文学に挑戦。カタカナ名前が覚えられない番子部長が、世界の名作に遭難し、刺され、演じ、歌います! ヘッセ、カフカ、シェイクスピア、ドストエフスキー、G・マルケスなど名作揃い。海外もの、翻訳ものは苦手と思っている人にこそぜひ手にとってほしい「よちよち文藝部 世界文學篇」刊行記念よみもの。

久世 番子の既刊本

作家一覧

MAGAZINE

贈りものバイブル

12月7日発売

詳しくはこちら

贈りものバイブル2023

ホテル、非日常への誘い 286Destination Hotels

次はどこ行く!? 旅に出たくなるホテル

47Portal(47ポータル)

SPECIAL

コミックエッセイルーム

MOON CALENDAR

CREA Traveller

心理テスト

タロット占い

CREA WEB MEMBER

INFORMATION