ガラス細工のような寒天、地元素材を使った珍しいロールケーキなど、老舗の和菓子店で見つけた心華やぐ甘い物。

 “山形といえば”の冨貴豆や手作り団子など、素朴なおやつにも直球勝負の美味しさが詰まっていた。おすすめのお店を4店ご紹介。


ガラス作家の器に魅せられて新発想の和菓子が誕生

◆乃し梅本舗  佐藤屋(のしうめほんぽ さとうや)

 和菓子店が多い山形で、老舗の看板に驕らずチャレンジ精神に満ちている。8代目の佐藤慎太郎さんは新感覚の和菓子を手がけ、なかでも“空ノムコウ”は青が美しい寒天。

 山形のガラス作家の作品に心を打たれたのがきっかけで、制作現場にも足を運び気泡のでき方などを参考にした。佐藤さんは京都でバーテンダーをしていたこともあり、生姜糖の風味がお酒とも相性がいい。

乃し梅本舗  佐藤屋(のしうめほんぽ さとうや)

所在地 山形市十日町3-10-36
電話番号 023-622-3108
営業時間 8:30~18:00
定休日 無休
https://satoya-matsubei.com/

『CREA Traveller』2021年秋号ならびに本記事の初出時において、「乃し梅本舗  佐藤屋」様のよみがなを誤って記載しておりましたので、本記事では当該部分を訂正いたしました。ご迷惑をおかけした読者の皆様ならびに関係各位には深くお詫び申し上げます。(2021年11月2日14時30分更新)

Photographs=Takashi Shimizu

この記事の掲載号

手仕事からアートスポットまで デザインで巡る東北

CREA Traveller 2021年秋号

手仕事からアートスポットまで
デザインで巡る東北

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2021年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。