華麗なる王朝建築
ワット・プラ・シン

ライカム礼拝堂と白く美しい仏塔

チェンマイで一番の格式を誇る

 1345年、ラーンナー王朝5代目の王が、父の廟所として建立したこの寺院は、チェンマイにおいて最も高い格式を誇る。どの建物も華麗だが、特に、入り口から左奥に位置するライカム礼拝堂はラーンナー建築の粋を極めた名作。寺の名の由来となったプラ・シン仏を納める。

左:ライカム礼拝堂は、14世紀頃の民俗・習慣を描いた鮮やかな壁画で飾られている
右:毎年4月の水掛け祭りには、プラ・シン仏は、寺院を飛び出し市内を巡回する

Wat Phra Sing (ワット・プラ・シン)
拝観時間 8:00~17:00
定休日 無休 
拝観料 20バーツ

まだある! 巡礼したい古寺

<次のページ> 仏教史に残る名刹

photographs:Atsushi Hashimoto
realization & text:CREA Traveller
coordination:Toshiko Nishida

この記事の掲載号

タイ王国に憩う。

CREA Traveller 2013年春号

黄金のリゾートめぐりと、最新バンコク完全ガイド
タイ王国に憩う。

定価 980円(税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2013年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。