街に溶け込むような滞在で
銀座を満喫しよう!

●ザ・スクエアホテル銀座[銀座]

 銀座の大通りを歩いていると目に入ってくる、たくさんの旅行者でにぎわうオープンカフェ。

 ホテルと知らずにいると通り過ぎてしまいそうなこの空間が、国内はもちろん、海外のゲストからも人気を集めている話題のホテル、ザ・スクエアホテル銀座のメインエントランスです。

ホテル1階には、人が集まるスクエアとなる「BUNDOZA CAFE&BAR」が。

 人と人が集い、つながるスクエア(広場)でありたい──。それがザ・スクエアホテル銀座のコンセプト。

 外に向かって開かれたオープンエアの空間にはそんな思いが込められていて、このホテルを象徴する空間でもあるのです。

館内に飾られている壮観なアート作品、柏原晋平さん作「銀座と桜」。

 館内に入ると、銀座を感じさせるアートが随所にちりばめられています。

 圧巻は、エレベーターホールに展示されている大作『銀座と桜』。独自の作風で注目を集めているアーティスト、柏原晋平さんによる作品です。そのほか、各フロアには古きよき銀座の風景を切り取った写真も飾られています。

エレベーターを降りると、各階ごとに異なる銀座の懐かしい風景写真が。

 客室は、コンパクトながら使い勝手よし。デザイン性の高い空間が、これまでのホテルとはひと味違う、くつろいだ空気を醸し出しています。

 また、デニムブランド「Lee」とコラボしたベッドスローを取り入れるなど、このホテルならではのこだわりも詰まっています。

デニムカラーで統一された「スーペリアツイン」。

 また、大浴場を備えているのもうれしいところ。街歩きの疲れをすっきりと洗い流すことができます。

左:ゲストの語らいの場となるオープンテラス席。右:スウィーツも美味。自家製プリン 500円、カフェラテ 550円。

 なお、1階のカフェは、夜になるとバーへと変身。気軽に思い思いの時間を愉しめます。

 日本産のクラフトスピリッツを使ったカクテルなどを片手に、時にはゲスト同士の交流が生まれることも……。まさにこの空間が、さまざまな国・地域の人々が集うスクエアとなるのです。

チェックイン・アウトは、こちらのスタイリッシュなカウンターで。

 世界中から人・モノが集まり、交差する街・銀座。ザ・スクエアホテル銀座では、この街ならではの楽しい滞在時間を満喫したい。

ザ・スクエアホテル銀座

所在地 東京都中央区銀座2-11-6
電話番号 03-3544-6811
客室数 182室
料金 1室 11,000円~(2名利用)
https://www.the-squarehotel.com/sgi/

Feature

東京を旅する

文=矢野詔次郎
撮影=阿部 浩

この記事の掲載号

東京を旅する

CREA Traveller 2020年冬号

世界中が恋する
東京を旅する

特別定価1,370円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。