全国首位の評価を得た
希少品種の味は?

 「茶の善し悪しは、蒸し」だという堀井長太郎さん。自ら蒸気の流量を調整し、荒茶を作る。

 荒茶は細かく形を整え、風力やローラーで丁寧に葉脈を取り除き、柔らかい部分だけを60台の石臼にかけ抹茶に挽きあげる。

 自園「奥ノ山茶園」では3品種を栽培。

 推定樹齢300年の古木も残る園内の茶の木から後世に誇る品種を残したいと、約20年かけて選抜した「成里乃」は、個人が見出した品種としては稀な、全国茶品評会での1位、農林水産大臣賞を受賞した逸品。

 苦みを感じさせない、どこまでも深い甘みが特徴だ。希少品種のためノーブレンドで販売。

堀井七茗園
(ほりいしちめいえん)

所在地 宇治市宇治妙楽84
電話番号 0774-23-1118
営業時間 8:30~17:30
定休日 不定休
https://uji-shichimeien.co.jp/

Feature

薫り高いお茶に誘われ
いざ宇治へ!

Text=Kie Oku
Photo=Atsushi Hashimoto

この記事の掲載号

あらためて京都

CREA Traveller 2019年春号

今になって知る。 素敵な仕掛け
あらためて京都

定価1,110円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。