「CREA Traveller」2022年冬号の特集は、「今、行きたい9つの旅」。未知なる土地にそっと触れ、心も体も開放してくれる9つの「旅のカタチ」を提案します。

この記事の掲載号

CREA Traveller 2022年冬号

No Travell, No Life
今、行きたい9つの旅

定価1,350円 (税込)

ご購入は
こちら 

 軽井沢というと避暑のイメージが強いけれど、あえて寒さ厳しい冬を愛する人もいる。

 多くの別荘やホテルには暖炉や薪ストーブが据えられ、きりりと冷えた冬に温かな幸福感を与えてくれる。炎を主役に過ごす森へ出かけ、春待つ冬を味わおう。軽井沢でおすすめのホテルやレストランを11軒ご紹介。


軽井沢だから完成する炎の前のくつろぎの時間

◆Villa H24(ヴィラ エイチ24)

 個性的な宿泊施設が増えている軽井沢。別荘地にあるコテージなどを仲間や家族だけで借り切って気の置けない時間を過ごせる。そんな施設が旅好きから注目を集めている。

 冬の軽井沢でもその選択は正解だ。そして、さらに選びたいのは薪ストーブや暖炉のある一軒家。ただ暖をとるだけでなく、童心に返って薪をくべたり、料理の腕を振るったり。

 なにより、炎と共にゆっくりと過ごす時間は、薪が爆ぜる音や香り、目に映る暖かみもあって、その場の人間関係も濃密なものになる。

 サービス面ではホテルに敵わない、と思いきや、別荘管理の会社を利用するという手がある。

 例えば、今回は別荘管理を行う「ライフプラス」に「外にファイヤーピットがある貸別荘で、薪料理を」とご相談。

 長年暖炉がメインのレストランで腕を振るってきた「フォレストヴェール」のシェフをアテンドしてくれた。

 当日は日暮れ前には炎を操って肉を仕上げるシェフの様子を間近に見ながら、予め準備された前菜でディナー開始。

 焼き上がった肉は、さすがのジューシーさで、火のはじではパンやソースを温めながら、満天の星のもとでゆっくりと食事を楽しむ。

 これこそが、軽井沢でしかできない旅の情景かもしれない。

Villa H24(ヴィラ エイチ24)

所在地 長野県北佐久郡軽井沢町大字茂沢 オーナーズヒル内 
電話番号 03-6379-7591(STAYCATION コンタクトデスク)
客室数 1棟
料金(1棟) 75,900円~ ※2泊から利用可能
https://www.staycation.jp/property/299

【ケータリングなどのお問い合わせ】
ライフプラス

電話番号 0267-46-6640
https://www.lifeplus-karuizawa.com/

Photographs=Jun Hasegawa