今、クラフト好きの視線を集めている大分県・竹田市。

 クリエイターや職人の移住を積極的に支援しているためだ。クリエイター同士の繋がりも生まれその化学反応にも注目したい。

 竹田の注目のクリエイターやおいしいものを13回にわたりご紹介。今回は美術ユニット、オレクトロニカの拠点で小道具の店である「傾く家」を紹介。心躍るアイテムがきっと見つかるはず。


何に出合い連れて帰るか胸が躍る

◆傾く家/傾く家分棟 ashu(かたむくいえ/かたむくいえ ぶんとう アシュ)

 城下町にあるのどかな坂道にある3棟の古民家。

 ここは加藤亮さんと児玉順平さんによる美術ユニット、オレクトロニカの拠点で、古道具の店「傾く家」、アトリエ、デザイナー猿山修さんとオレクトロニカを含む竹田のクリエイターたちがタッグを組んだ「猿竹工芸商會」の店舗「傾く家分棟 ashu」が並んでいる。

 彼らが選んで仕入れた、ときに何に使うかわからない古道具も、直立して宙を見詰める彼らの代表作《Wood Figure》も、「これを連れて帰ったら、うちの景色はどんなふうに変わるだろう」とワクワクするのが共通点。

 明日の生活が楽しくなる何かを見付けに出かけたい。

傾く家/傾く家分棟 ashu(かたむくいえ/かたむくいえ ぶんとう アシュ)

所在地 大分県竹田市竹田町2115-1
電話番号 090-6895-5986
https://www.olectronica.com/
※SNSでオープン日を告知。

Feature

クラフト好きの視線を集める
大分県・竹田の新しい物作り

Photogaraphs=Atsushi Hashimoto

この記事の掲載号

日本の手仕事を探しに

CREA Traveller 2021年春号

日本の手仕事を探しに

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2021年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。