傍らにあるだけで嬉しくて、使い続けてますます愛おしくなる物がある。

 日々の暮らしを豊かにする物はきっと、志ある人の手によって生み出されるのだ。

 今、新たなムーブメントが起きている、岡山の新しい作り手9人に注目。今回は木を大切にし一年単位で器を仕上げる、木地師・仁城逸景さんを紹介する。


父を尊敬することも家業を継ぐことも自然の流れ

◆仁城逸景(にんじょう・いっけい)
[木地師]

 父親の仁城義勝さんは、漆業界のレジェンド。その父から仕事を引き継ぐとは、どういうことなのだろう。

 「工業高校を卒業して、親父に就くことにしました。我が家は職人を育てるほどの経済的余裕がなかったから、僕が作るものは下手でも、とにかく売って、材料を買う足しにしてました」と、仁城逸景さんは当時を思い出す。

 仁城家の信条は、木を無駄にせず、木に無理させず。原木を購入して、製材し、それを10年自然乾燥させて、反りが収まるまで待つ。

 仕事は一年単位。毎年3月までは、材を器になる前段階の大雑把な形にくり抜く作業。次はろくろで形を作る。

 7月から9月は漆を塗り、漆が乾いた後、販売の期間に入る。何事も急かされる昨今、このペースを父は守り、在庫が切れれば、客を1年、待たせていた。

 「父は詳しくは言わないですが、かなり確信をもってこのやり方を守っているようです」と、誇らしげに笑い、当然のようにこの手法を引き継いでいる。

※仁城さんの作品は「くらしのギャラリー」などで購入可能。

仁城逸景(にんじょう・いっけい)

1986年岡山県倉敷市生まれ。2004年、父、仁城義勝の隣で器作りを始める。岡山県・瀬戸内市にある「港の中のキッサテン」では仁城さんの器で定食が楽しめる。

くらしのギャラリー

所在地 岡山市北区問屋町11-104
電話番号 086- 250-0947
営業時間 11:00~19:00
定休日 火曜
http://okayama-mingei.com/


港の中のキッサテン

所在地 岡山市瀬戸内市牛窓町牛窓5414-7
営業時間 11:00~16:00(食事 14:30 L.O.)
定休日 火曜
https://kinoshitashouten.shop/

Feature

暮らしを潤す逸品
岡山の新しき作り手たち

Text=Akiko Hino
Photograph=Masahiro Shimazaki

この記事の掲載号

日本の手仕事を探しに

CREA Traveller 2021年春号

日本の手仕事を探しに

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2021年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。