傍らにあるだけで嬉しくて、使い続けてますます愛おしくなる物がある。

 日々の暮らしを豊かにする物はきっと、志ある人の手によって生み出されるのだ。

 今、新たなムーブメントが起きている、岡山の新しい作り手9人に注目。今回は、10年後にも作り続けて良かった、と思うものを製作し続けるBAILER・岩尾慎一さんを紹介する。


宇野という土地との運命的な出会い

◆岩尾慎一(いわお・しんいち)
[BAILER(ベイラー)]

 香川県の直島や小豆島を結ぶフェリーが発着する宇野港。「ベイラー」というバケツ型バッグに見覚えがある方もいるかもしれない。

 宇野に越して来たとき、近所の人から「船、貸してやるから乗りな」と言われ、免許を取得することになり、そこで知ったのが、小型船舶の法定装備品であり、パラフィンで撥水加工された布バケツだった。

 宇野に来たのは、ジーンズ製造で有名な児島に近いから。児島には、衣類製造の分業のプロが集まる。岩尾慎一さんが作りたいものを作れる環境だ。早速、BAILERも企画し、今では会社の顔となった。

「宇野は時間の流れが違うんです。すべてにおいて、ゆったりしているというか。東京は“消費するための商品開発”をしている気がしますね。そういう物作りもあると思うけれど、僕は10年後にも作り続けて良かった、と思うものを作りたい」

 彼が心穏やかに製作に向かえるように、この地に呼ばれたに違いない。

※岩尾さんの作品はBAILERオンラインショップほか、「倉敷意匠アチブランチ」「くらしのギャラリー」などで購入可能。

岩尾慎一(いわお・しんいち)

1972年兵庫県生まれ。東京でアパレル関係に勤務後、2014年に宇野に移住。2015年よりアップサイクルブランド3su(サン)やBAILERをスタート。

BAILER(ベイラー)オンラインショップ

https://333.buyshop.jp/


倉敷意匠アチブランチ

所在地 岡山県倉敷市阿知2-23-10 林源十郎商店1F
電話番号 086-441-7710
営業時間 11:00~16:00
定休日 月曜
https://atiburanti.classiky.co.jp/


くらしのギャラリー

所在地 岡山市北区問屋町11-104
電話番号 086- 250-0947
営業時間 11:00~19:00
定休日 火曜
http://okayama-mingei.com/

Feature

暮らしを潤す逸品
岡山の新しき作り手たち

Text=Akiko Hino
Photograph=Masahiro Shimazaki

この記事の掲載号

日本の手仕事を探しに

CREA Traveller 2021年春号

日本の手仕事を探しに

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2021年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。