傍らにあるだけで嬉しくて、使い続けてますます愛おしくなる物がある。

 日々の暮らしを豊かにする物はきっと、志ある人の手によって生み出されるのだ。

 今、新たなムーブメントが起きている、岡山の新しい作り手9人に注目。今回は岡山市撫川、瀟洒な城下町の藏で「滲み」を追い求める陶芸家・小峠貴美子さんを紹介する。


「好き」から見つけた技法は唯一無二の魅力を放つ

◆小峠貴美子(ことうげ・きみこ)
[陶芸家]

 「とにかく陶芸がしたい」。その一心で小峠貴美子さんは信楽の陶芸体験に参加。そのまま窯元を紹介され、陶芸人生が始まったという。

 窯業の基礎もなく、ずぶの素人ながら、土との付き合いはいきなり「仕事」から始まった。

 工場で数年働いたのち、一から陶芸を学び直そうと瀬戸の訓練校に入学。

 卒業後は、自由な創作活動を奨励する工房で活動を始める。岡山に戻ったのは34歳。今の作陶の場所は保存地区でもある瀟洒な城下町の蔵だ。

 好きだから飛び込んだのと同じように、好きな「滲み」を追い求める。「安南(ベトナム)風」という人もいるが、ただ、この風合いが好きで、試行錯誤を繰り返して辿り着いた技法だ。

 石膏型を自ら作り、そこに土を押し付けて形を作る「型打ち」の技法。赤土をベースに、白化粧を施し、絵柄は焼き上がると土に滲み、透明釉に入るヒビがさらに趣を加える。

 産地の職人として10年以上働いた経験から、今は、一人で静かに創作を楽しんでいる。

※小峠さんの作品は工房隣の「ゆくり」で購入可能。

小峠貴美子(ことうげ・きみこ)

1974年岡山県岡山市生まれ。2007年まで愛知県瀬戸市内の工房勤務の傍ら制作技術を学ぶ。2008年 岡山市にて独立。常設店のゆくりは姉の店。

ゆくり

所在地 岡山市北区撫川173-1
電話番号 090-2802-9786
営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休
http://www.yukuri-utsuwa.net/

Feature

暮らしを潤す逸品
岡山の新しき作り手たち

Text=Akiko Hino
Photograph=Masahiro Shimazaki

この記事の掲載号

日本の手仕事を探しに

CREA Traveller 2021年春号

日本の手仕事を探しに

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2021年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。