スペインの最西部、ガリシアの豊かな食材。

 そのおいしさは「スペイン産」としてではなく、「ガリシア産」として国内では名が知られています。

 そこに、洗練の技をプラスしたレストランやお店あり! ぜひ訪れたい、選りすぐりの4軒ご紹介します。


お土産にぴったりな クラフト感溢れる食品

●O Xardin Dos Sonos(オ・シャルディン・ドス・ソニョス)

お店の看板もミニマル。

 大聖堂から歩いて6~7分の場所にある、2016年にオープンしたオーガニックショップ。

 小さいながらも、食品やドリンク、スキンケア、コスメ、量り売りの穀類など幅広いアイテムを取り扱う。

スペイン産だけでなく、店主がセレクトした世界中のオーガニックアイテムが並ぶ。

 自分で野菜を育てたり、旅行を通じて世界の自然食品に触れたりするなかで、オーガニックに対する意識が高まったという、オーナーのイザベル・カラブリアが、スペインを中心に世界から商品をチョイス。

 地元の健康志向の人々から人気だ。

オーガニックコーヒー(1.20ユーロ)やビスケット(2つで1.95ユーロ)でひと休み。

 奥のカフェでは、オーガニックコーヒーから煎茶や番茶まで、様々なドリンクと、ビスケットやスウィーツを楽しめる。

O Xardin Dos Sonos
(オ・シャルディン・ドス・ソニョス)

所在地 Rua das Casas Reais, 38, Santiago de Compostela, A Coruna, Galicia
電話番号 981-068-087
営業時間 10:00~14:00、16:30~20:30、土曜10:00~14:30、16:30~19:30
定休日 日曜

Feature

スペインの最果て
豊潤の地 ガリシアを巡る

Text=Kazuyo Yasuda(KRess Europe)
Photographs=Atsushi Hashimoto
Coordination=Terumi Moriya

この記事の掲載号

まだ見ぬスペインへ

CREA Traveller 2020年春号

まだ見ぬスペインへ

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。