アリス in ローズ・ラビリンス

◆ヒルトン東京

薔薇と鏡で創り込む圧倒的な美空間で、アリスの物語から着想を得たスイーツとセイボリー30種類以上が楽しめる。また、謎解きやアート鑑賞、クラシックの生演奏などを含む芸術の秋にふさわしい、優雅な午後のひとときを提案。

 2016年開催の“アリスのフェア”にはじまり、約1カ月半で2万9,000人もの来館者数を記録した、2018年の“アリス in ハロウィーン・トリック”と、“アリス in クリスマス・マジック”に続き、2019年の秋は、新デザートフェア“アリス in ローズ・ラビリンス”を開催中のヒルトン東京。

 この“アリス in ローズ・ラビリンス”は、薔薇と鏡の迷宮に迷い込んだアリスが遭遇するちょっぴりダークなトラップ(罠)と、トリッキーな鏡の世界、そしてその先にある甘美なお茶会をイメージ。

まるで王冠を乗せるピローのようなフォルムとレースを思わせるチョコレートがエレガントな「アリスのハート・ラビリス」。コクのあるアッサムティーとミルクチョコレートのムースの中には、薔薇のエッセンスとバニラでコンポートした洋梨とリンゴが。

 エグゼクティブ・ペストリーシェフの播田修氏が手掛ける芸術的なデザートと、ヨーロッパ貴族の館を思わせる美しい空間演出で創り上げられた世界は、かわいいだけではなく、思わずため息がもれるほど美しい、もうひとつのアリスの物語の魅力を余すところなく表現したものとなっている。

薔薇の花びらを散らしたような「ローズ・トラップ」は、ザクロのシロップを染みこませたスポンジで作る苺のショートケーキ。

 アートのように美しい、シェフ渾身の30種類以上のスイーツとセイボリーメニューはもちろん、今回はドリンクもバージョンアップしていることにも注目したい。

 ドリンクは、コーヒーやカプチーノなどのセレクションに加え、ドイツの高級紅茶ブランド「ロンネフェルト」の紅茶10種類を新たに用意。アッサムやダージリンはもちろん、アイリッシュモルトやバニラチャイなど、デザートとの相性抜群の紅茶を含む、約20種類が楽しめる。

中央にらせん階段を配し、2階まで吹き抜けの開放感あふれる「マーブルラウンジ」。

 ヒルトン東京のオハコともいえる“アリスフェア”の進化系、“アリス in ローズ・ラビリンス”。

 芸術の秋、グルメの秋にふさわしい種類豊富なメニューを味わいながら、耽美なアリスの世界観の中で優雅な時間が過ごせること請け合いだ。

 10月31日までは、ハロウィンスイーツも用意されているので、こちらも要チェック!

「アリス in ローズ・ラビリンス」デザートフェア 

期間 開催中~2019年11月6日(水) 
時間 14:30~17:30
場所 マーブルラウンジ(1階) 
料金 平日 3,800円、土・日・祝日 3,950円(ともに税・サ別)
問い合わせ 03-3344-5111(代) ※10:00~21:00
オンライン予約 https://www.hiltontokyo.jp/plans/restaurants/sweets/marble_lounge_1907

ヒルトン東京

所在地 東京都新宿区西新宿6-6-2
電話番号 03-3344-5111(代)
https://www.hiltontokyo.jp/

文=立花奈緒(ブレーンシップ)