香港の中枢にいる歓びを
高めてくれる客室

飾られているホテルのオーナーのアートコレクションを次々と替えていく客室はギャラリーそのもの。

 伝説の窓枠に守られた客室は視界が良く、快適。大きく取られた窓の外には、フォスターが設計した香港上海銀行や、セント・ジョンズ教会が並ぶ。香港の中枢にいる歓びを高めてくれる客室だ。

 エコロジカルなバスライン、気持ちをリラックスさせるハーブフレグランスなど、室内に用意された最先端のアメニティも気持ちを和ませる。

ザ・マレー・スイートのバスルームは香港最大級。
左:バスアメニティはオーストラリアの最先端ブランド「GROWNALCHEMIST」を採用。
右:オリジナルの窓枠は視界を確保しつつ、移りゆく陽射しもカットする。以上、「ザ・マレー・スイート」より。

 メインダイニング「ガーデン・ラウンジ」では歴史地区の雰囲気に浸りながら、美味な朝食やアフタヌーンティーを行き届いたサービスで味わえる。

左:朝食のビュッフェカウンター。健康志向に合わせたものも多く用意されている。
右:朝食ではビュッフェのほか、温かい料理をオーダーできる。人気は粥や点心が付いたチャイニーズセット。
左:アフタヌーンティーは英国風とアジア風のどちらかを選べる。こちらは英国風。 720香港ドル。以上、「ガーデン・ラウンジ」にて
右:ポピンジェイズのオリジナルカクテルはミクソロジストが創造。140香港ドル~。

 中環のドラマティックな夜景に包まれるルーフトップバー「ポピンジェイズ」も居心地がいい。

左:最上階のポピンジェイズにはポップなバーカウンターを構える。
右:ポピンジェイズの外のテラスに夜景が広がる。

 敷地内にはミシュランスターに輝く広東料理の「國グォー・フー・ロウ福樓」も開かれている。

左:ホテルとは別棟のレストラン、國福樓。
右:手前から紅ナツメのういろう1個 25香港ドル。伝統的な糯米の揚げ団子1個 50香港ドル。

 朝は間近な香港公園を散歩する楽しみも。香港島の極みがここにある。

アジア風のアフタヌーンティー(2名) 640香港ドル。シャンパン 148香港ドルとともに。

The Murray Hong Kong,a Niccolo Hotel
(ザ・マレー香港 ニッコロホテル)

所在地 22 Cotton Tree Drive, Central, Hong Kong
電話番号 852-3141-8888
料金 シグネチャー・スイート 6,600香港ドル~、N1デラックス 4,000香港ドル~
客室数 336室
https://www.niccolohotels.com/

【日本での問い合わせ先】
ワーフホテルズ
電話番号 03-6441-0539

Feature

世界一のおもてなし!
一流を味わう香港の最新ホテル

Text=Masami Uwabo
Photo=Atsushi Hashimoto
Coordination=Alice Chu
Cooperation=Hong Kong Tourism Board

この記事の掲載号

香港・マカオ

CREA Traveller 2019年秋号

新しさと懐かしさと
香港・マカオ

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。