都市部においても森や海が人々の身近にあるデンマーク。多くの美術館が自然を取り入れた環境をテーマにしている。元富裕層の邸宅、王室の離宮、著名女性作家の生家など、異なる年代の建物や庭でアートを身近に感じたい。


デンマークの国民的画家の
レアな作品も展示

●ザ・ダヴィッド・コレクション

 弁護士で実業家でもあったC.L.ダヴィッド氏の自宅を改装し、彼が集めたヨーロッパ近代絵画やイスラム工芸品の美術館として1960年に開館。

 集合住宅の一角とはいえ、かつてのデンマーク王室の夏の離宮、ローゼンボー城の広大な庭園「王様の庭」が目の前で、都市にいながら自然を身近に感じるロケーションだ。

 ダヴィッド氏の死後は運営財団の方針でイスラムアートの所蔵品を増やし、世界レベルのコレクションで国内外に知られるようになった。

 それ故、その他のジャンルについてはあまり語られる機会がないが、美術館2階の彼の居室は生前のままに残されており、そこに並んだ家具や手工芸品、デンマークをはじめとしたヨーロッパ近代絵画のコレクションは通好みだという。

 特に日本でもファンの多い、ヴィルヘルム・ハンマースホイの作品を集めた展示室は必見だ。

 19世紀末から20世紀にかけて活躍したデンマークを代表する国民的な画家のレアな作品を観ることができる。

ザ・ダヴィッド・コレクション

所在地 Kronprinsessegade 30, København K
電話番号 3373 4949
開館時間 10:00~17:00(水曜 ~21:00)
休館日 月曜、12月23~25日、 31日、1月1日
入館料 無料
http://www.davidmus.dk/

Feature

美しい美術館の宝庫
デンマークでアート体験

Text=Chieko Tomita
Photo=Atsushi Hashimoto

この記事の掲載号

知られざる<br />世界美術館の旅

CREA Traveller 2019年冬号

知られざる
世界美術館の旅

定価1,110円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。