「箱根の山は天下の険」と歌われたのも今は昔。

 メルセデス・ベンツの最新のオープンカーは、快調に箱根の山を登っていく。それでも、湖の美しさに心を打たれ、温泉に癒やされるのは、今も昔も変わらない。

» 第1回 箱根周辺のドライブを颯爽と楽しむ
» 第2回 青く美しい芦ノ湖とパワースポット神社
» 第4回 隠れ家のごとき奥湯河原の大人の宿

信仰の場とモダンなカフェ
新旧二つの箱根の顔

 箱根神社は古来、山岳信仰の対象として人々の信心を得ていた。その凜とした空気は、当時をしのばせる。九頭龍伝説が生まれた芦ノ湖の美しさも、変わっていないはずだ。一方で、温泉街は、少しずつ表情を変えている。モダンなカフェが生まれるなど、活発に新陳代謝をしているのだ。このシリーズでは、変わらない箱根と変わりゆく箱根、二つの顔を紹介したい。

 今回は、新しい文化を発信するカフェを紹介。

■NARAYA CAFE
箱根の新しい文化を発信する基地

ここは、元々は板金店の店舗だった。学生時代に建築を学んだオーナーの安藤義和氏を中心にリノベーションを施した。

 箱根登山鉄道の宮ノ下駅からほど近い場所で、古い建物を改築したカフェが人気を集めている。足湯があるカフェとしても知られる、NARAYA CAFEだ。こちらは元禄時代から営業していた奈良屋旅館が新しい活動スタイルにシフトした店舗で、温泉のパイプが引かれているのはそのためだ。カフェだけでなく、近隣の若手作家の作品を取り扱うギャラリー、雑貨店も併設しており、箱根の新しいカルチャーを発信する場にもなっている。最近は外国人観光客が増え、日によっては半分を占めることもあるという。

ホットドッグ 430円、ナラヤパフェ 500円、カフェラテ 400円
テラスには足湯が用意され、ここでもカフェのメニューをオーダーすることができる。

NARAYA CAFE
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下404-13
電話番号 0460-82-1259
URL http://www.naraya-cafe.com/
営業時間 10:30~18:00
定休日 水曜、第4木曜日

<次のページ> お揃いで持っていきたい、ドライビングシューズ

写真=柏田芳敬
文=サトータケシ

この記事の掲載号

フランス美食の宿

CREA Traveller 2014年夏号

【最新保存版】美しい小さな村から海辺の街まで
フランス美食の宿

定価1010円(税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2014年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。