島野菜や“いまいゆ(鮮魚)”など、沖縄ならではの食材を慈しむように調理する島の料理人たち。素材の良さを最大限に引き出した珠玉の逸品が味わえる名店へと足を運んでみたい。

 注目のレストランを4回に渡りご紹介。


山羊料理の概念を覆す新感覚のビストロ

◆ビストロ ル・ボン・グー
[那覇・栄町市場]

 沖縄の食文化に欠かせないヒージャー(山羊)。

 これまで食べ方といえば、山羊刺しや山羊汁ぐらいしかなかった山羊料理に新境地を開拓したのが、シェフ歴30年以上の経歴を持つ山口慎一さん。

 「近年、畜産技術の向上によって格段に食べやすくなったんです」と語る通り、特有の臭みをほとんど感じさせない山羊肉を、イタリアンやフレンチの技法で調理することで、初心者でも気軽に食べやすい料理へと昇華させている。

 一頭買いをすることで、肉だけでなく内臓や骨まで余すことなく味わえるのもこの店ならでは。

 オープン以来愛されている看板メニューの“ヤギパッチョ”は真空低温調理をすることで旨みを凝縮。

 滋味深い赤身肉は、赤ワインとの組み合わせも絶妙だ。

ビストロ ル・ボン・グー

所在地 沖縄県那覇市安里379-15
電話番号 098-963-9088
営業時間 17:00~22:00 L.O.(ドリンク 23:00 L.O.)
定休日 火曜
https://lebongout.ti-da.net/

※今般の原材料の高騰により、価格は変更になる場合があります。

Feature

美味しい手仕事のある
沖縄の名店4軒

Text=Ran Takara
Photographs=G-KEN
Edit=Shojiro Yano

この記事の掲載号

京都と沖縄 <br />二つの美意識を訪ねて <br />Beautiful Kyoto & Okinawa

CREA Traveller 2022 vol.2

京都と沖縄
二つの美意識を訪ねて
Beautiful Kyoto & Okinawa

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2022 vol.2
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。