島野菜や“いまいゆ(鮮魚)”など、沖縄ならではの食材を慈しむように調理する島の料理人たち。素材の良さを最大限に引き出した珠玉の逸品が味わえる名店へと足を運んでみたい。

 注目のレストランを4回に渡りご紹介。


沖縄の海の幸の魅力を自信をもって発信

◆今いゆ玉しろ(いまいゆたましろ)
[那覇・赤嶺]

 沖縄の海産物のイメージを一新したいとの高い志をもって、2019年にオープンした鮮魚料理店。

 店主兼料理人の玉城弘康さんが試行錯誤の末、完成させた“海人のさしみ丼ぶり”は、イラブチャーの昆布ジメや湯引きしたアカマチ、シャコ貝、海ぶどうなど沖縄の海の幸が一堂に会す、なんとも豪快な逸品だ。

 わさび醬油、お店オリジナルのしびれ醬油、卵黄と3段階に味変して楽しめるのも面白い。

今いゆ玉しろ(いまいゆたましろ)

所在地 沖縄県那覇市具志875 那覇空港ボウルスカイレーン1F
電話番号 098-852-0088
営業時間 11:00~15:00
定休日 火曜

※今般の原材料の高騰により、価格は変更になる場合があります。

Feature

美味しい手仕事のある
沖縄の名店4軒

Text=Ran Takara
Photographs=G-KEN
Edit=Shojiro Yano

この記事の掲載号

京都と沖縄 <br />二つの美意識を訪ねて <br />Beautiful Kyoto & Okinawa

CREA Traveller 2022 vol.2

京都と沖縄
二つの美意識を訪ねて
Beautiful Kyoto & Okinawa

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2022 vol.2
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。