城下町の雰囲気が色濃く残る街・盛岡周辺に街とそこに暮らす人々との繋りを生み出す風通しのよい施設やショップが増えてきている。

 東日本大震災から10年経った今芽吹き始めているカルチャーを伝える。最新のおすすめ4スポットをご紹介。


心を捉えて離さない手仕事の本質に触れる

◆shop+space ひめくり(ショッププラススペース ひめくり)

 盛岡市内を東西に流れる中津川沿いに位置する、赤の屋根が目印の雑貨店。

 店主の菊池さんによってセレクトされた漆、木工、南部鉄器などといった東北の手仕事が揃う。地元の作り手たちの作品と出合うきっかけとなる場所。

 作家たちがいかに様々な素材と向き合い、作品を生み出しているのか、作品の根底に流れる物語が感じられる。

shop+space ひめくり(ショッププラススペース ひめくり)

所在地 岩手県盛岡市紺屋町4-8
電話番号 019-681-7475
営業時間 10:30~18:30
定休日 木曜、第1・第3水曜
http://himekuri-morioka.com/

Feature

岩手県・盛岡の街に吹く
街と人を繋ぐ新しい風

Text=CREA編集部
Photograhs=橋本 篤

この記事の掲載号

手仕事からアートスポットまで <br />デザインで巡る東北

CREA Traveller 2021年秋号

手仕事からアートスポットまで
デザインで巡る東北

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2021年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。