おもてなしの心と地元の食材が魅力的な岩手の食文化。岩手県内のさまざまな地域に根付いた郷土の味をご紹介します。

 レストランや朝市など、岩手でぜひ訪れてほしいおすすめのグルメスポットを7つご紹介。

 今回は、寒冷地で米が育ちにくかった盛岡・花巻。岩手に伝わる歓待の精神は継承されている。


「満腹になってほしい」という願いを蕎麦に込める

◆そば処 東家 本店(そばどころ あずまや ほんてん)

 盛岡の料亭「大清水多賀」の支店として、明治40年に創業。

 「元々はわんこそばは大食いを競い合うのではなく、蕎麦をたくさん食べてほしいと願う、亭主の思いが形になったもの。

 創業者の土井東吉も『お腹いっぱいは幸せだ』をモットーにしていました」と、高橋さんは語る。客を満足させたいという気持ちは、蕎麦へのこだわりにも繫がる。

「小麦粉の配分を多くし、どなたでも食べやすいよう、やややわらかく仕上げています」

そば処 東家 本店(そばどころ あずまや ほんてん)

所在地 岩手県盛岡市中ノ橋通1-8-3
フリーダイヤル 0120-733-130
営業時間 11:00~15:00、17:00~18:30 L.O.
定休日 不定休
https://wankosoba.jp/

Feature

おもてなしの心と地元食材に
満たされる岩手の食・7選

Text=CREA編集部
Photograhs=Atsushi Hashimoto

この記事の掲載号

手仕事からアートスポットまで デザインで巡る東北

CREA Traveller 2021年秋号

手仕事からアートスポットまで
デザインで巡る東北

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2021年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。