ミュージアムに泊まるような楽しいホテル

◆ホテルロイヤルクラシック大阪

 今、旅の目的になるホテルとして関西で最も注目の一軒といえば、ホテルロイヤルクラシック大阪。

 地下鉄なんば駅に直結して誕生した、話題のラグジュアリーホテルです。

 デザインを手がけたのは、世界的に活躍する建築家の隈研吾氏。

 約半世紀にわたって、この地で人々に愛されてきた大阪・新歌舞伎座の豪壮な外観を継承しつつ、さらに現代アートを抱合させたコンセプトで、唯一無二の空間を創り上げました。

 館内には、国内外の有名アーティストから、関西発祥の「具体美術」、そして新進クリエイターの作品に至るまで、100点以上を展示。

 なお、館内のアート監修を担当したのは、美術評論家・伊東順二氏。

 話題の現代美術作家・小松美羽氏、書道家・岡西佑奈氏の作品も鑑賞できます。

 まるでミュージアムに泊まるかのような気分で、アートがすぐそばにある滞在を楽しむことができるのです。

写真=長谷川 潤
文=矢野詔次郎

この記事の掲載号

手仕事からアートスポットまで デザインで巡る東北

CREA Traveller 2021年秋号

手仕事からアートスポットまで
デザインで巡る東北

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2021年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。