島の暮らしのなかで大切に受け継がれてきた伝統の味わい。

 時代が移るとともに食文化が大きく変化した今だからこそ包丁人(ほーちゅー)たちが丁寧に作る一皿の美味しさは、いっそう魅力的なのだ。

 沖縄へ行ったら一度は訪れたい、注目のレストランを5軒ご紹介。


素朴でいて 新しい美味しさがたまらない

●榮料理店

泡盛と最高の相性! “てびち唐揚げ 南蛮黒酢たれ” 600円。

 昔ながらの気どらない家庭の味わいのなかに、店主・小渡栄さんの新しい感性を加えた沖縄料理で評判を集める「榮料理店」。

 西海岸の高級ホテルに滞在しながら“この味”を求めてやってくるリピーターも多い人気店だ。

島の旬がたっぷり、“沖縄野菜の彩りサラダ” 750円。

 旬を感じる島野菜たっぷりのサラダから、“てびち唐揚げ”などのガッツリ系まで、何を頼んでもとにかく旨い。

落ち着きのある外観。

榮料理店

所在地 沖縄県うるま市石川1-27-35
電話番号 098-964-7733
営業時間 17:00~23:30
定休日 日曜、不定休あり
交通 那覇空港から車で約60分
http://niraicuisine.com/

Feature

希少な技を受け継ぐ
沖縄の“包丁人”たち

写真=橋本 篤
取材・文=矢野詔次郎
構成=矢野詔次郎

この記事の掲載号

物語のある美術館

CREA Traveller 2020年夏号

あなたを待つ場所がある──
物語のある美術館

特別定価1,370円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。