ブルターニュ公の居城とSF小説の古典であるジュール・ヴェルヌの故郷それがナントの定番だった。

 古都の重厚さはそのままに、自由な発想はアートや創造性豊かな食卓のカタチで、空気のように街のあちこちに漂う。


●Restaurant L'Atlantide 1874
(レストラン・ラトランティッド1874)

丘の上からナントを一望する美食アドレス

門の先は開放的な造り。平日はランチ2品32ユーロか3品40ユーロ、同ディナーは4品50ユーロ。5品70ユーロ、9品100ユーロのメニューは常時。季節ごとに料理は変更。

 ロワール川と市街を一望するナントの高級住宅街、サンタンヌの丘にあって隠れ家のような館に構えるミシュラン1ツ星レストラン。その名の由来、1874年は建物が出来上がった年で、すぐ隣の博物館の主たる作家ジュール・ヴェルヌと同時代であることを示す。

タラバガニときのこの冷製仕立て。

 シェフのジャン・イヴ・ゲオ氏は、ロワール川と大西洋のテロワールに根ざしながらモダン・タッチを意識しているそうで、一品一品が花束のように香り高くカラフルで優しい味。

低温調理の鯖に庭摘みのルッコラと柑橘の泡仕立て。

 低温調理を多用した海鮮類や、彩り豊かな野菜、庭植えのハーブ類、ぎっしりつまった肉質など、決して複雑に見えないところに、その豊かさが透けて見える料理なのだ。

チョコレートのサブレとカカオのグラニテ。

Restaurant L'Atlantide 1874
(レストラン・ラトランティッド1874)

所在地 5 rue de l'Hermitage (Butte Ste. Annes) 44100 Nantes, France
電話番号 02 40 73 23 23
営業時間 12:00~13:30、19:30~21:30
定休日 日曜、祝日、8月中の3週間、12月24~26日、1月1~7日
https://www.atlantide1874.fr/

Feature

パリから西へ
ブルターニュの水辺を巡る

Photo=Asami Enomoto
Text=Kazuhiro Nanyo
Cooperation=Atout France, Le voyage à Nantes, Saint-Nazaire Tourisme, Destination Rennes, Saint-Malo / Baie du Mont-Saint-Michel Tourisme

この記事の掲載号

東京を旅する

CREA Traveller 2020年冬号

世界中が恋する
東京を旅する

特別定価1,370円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。