ブルターニュ公の居城とSF小説の古典であるジュール・ヴェルヌの故郷それがナントの定番だった。

 古都の重厚さはそのままに、自由な発想はアートや創造性豊かな食卓のカタチで、空気のように街のあちこちに漂う。


●Les Machines de l'île
(レ・マシーン・ドゥ・リル)

J.ヴェルヌ的世界をインダストリアルに実現!

元工場あらため機械仕掛けの動物が収まるギャラリー。

 機械的に再現されたリアルな動物が動き回るテーマパークは、日本人の目にはグロテスクに映るかもしれない。

「鷺の樹」の計画は高さ35m、半径50mにも及ぶ。これは何本もの枝を彩る予定のプロトタイプ。

 でもレオナルド・ダ・ヴィンチ以来の、自然の仕組みを幾何学的・有機的に捉える目線と、ジュール・ヴェルヌの空想科学の世界観を、造船業が遺した制御・加工技術を通じてエンタテインメントに転じたと思えば、その一貫性が見えてくるはず。

メリーゴーランドは子どもたちに人気。
深海から3層に分かれ、海中生物の世界を模した「カルーゼル・デ・モンド・マラン」。ファンシーなアール・ヌーヴォー風の構えも面白い。

 すでに知られた歩く巨象、そして深海の世界を再現したメリーゴーランドに続き、現在は川向いの丘に「ラルブル・オー・エロン(鷺の樹)」という、来場者が鳥の背中に乗って空中を巡る巨大回転ブランコの計画が進められている。

Les Machines de l'île
(レ・マシーン・ドゥ・リル)

所在地 Parc des Chantiers Boulevard Léon Bureau 44200 Nantes, France
営業時間 14:00~17:00(冬季)、10:00~17:00(夏季)
※週末は~18:00、7月2週目~8月 最終週以前は~19:00
定休日 月曜、12月25日、1月1日、1月6日~2月7日
料金
〈Carrousel des mondes marins〉8.50ユーロ(遊具搭乗付き)、6.30ユーロ(遊具搭乗無し)
〈Galerie des Machines〉8.50ユーロ(Carrousel des mondes marinsと併用時は6.90ユーロ)
http://www.lesmachines-nantes.fr/

Feature

パリから西へく
ブルターニュの水辺を巡る

Photo=Asami Enomoto
Text=Kazuhiro Nanyo
Cooperation=Atout France, Le voyage à Nantes, Saint-Nazaire Tourisme, Destination Rennes, Saint-Malo / Baie du Mont-Saint-Michel Tourisme

この記事の掲載号

東京を旅する

CREA Traveller 2020年冬号

世界中が恋する
東京を旅する

特別定価1,370円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。