いにしえにタイムスリップしたかのような町で住まうように滞在できる古民家の宿。

 今もその地に暮らす人々の間に伝わる郷土食や建築物が歩んできた奥深い歴史を新しいアプローチで紡いでいる宿に滞在して無数の物語を体感しよう。今注目の3軒をご紹介。


宿場町の趣が残る町並みで平福の風土に触れる滞在を

◆NIPPONIA 平福宿場町
[兵庫 ・佐用町]

 江戸初期に建てられた利神城(りかんじょう)のお膝元に誕生したNIPPONIA 平福宿場町は、旧木村酒造場の母屋を改修した古民家宿。

 素朴な土壁や天井に残った雨漏りの跡など、通常の改修では取り替える部分もあえて残すことで、“時間の堆積”が感じられる造りに。

 宿の支配人は、町内の米農家さん。併設のレストラン「KUMOTSUKI」で腕を振るうシェフも野菜の生産者さんなど、宿全体を地元の人々が支えている。

 気候風土に寄り添った人々の知恵と、平福の歴史や豊かな食文化に触れてみたい。

NIPPONIA 平福宿場町

所在地 兵庫県佐用郡佐用町平福697-1
電話番号 090-3053-0700
客室数 1室
料金(1棟) 40,000円~(2名利用、朝食付き)
交通 平福駅から徒歩約5分
https://nipponia-hirafuku.jp/

※記載の料金は、基本的に消費税・サービス料込みのものです。入湯税、宿泊税などが別途加算されることがあります。

Feature

古民家の宿で、
暮らすように旅する。

Text=Yuki Ishihara
Edit=Shojiro Yano

この記事の掲載号

手仕事からアートスポットまで <br />デザインで巡る東北

CREA Traveller 2021年秋号

手仕事からアートスポットまで
デザインで巡る東北

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2021年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。