再生エネルギー、脱プラ、ゼロエミッション……。今ではよく耳にする地球環境保護への取り組みを1990年代から続けてきたリゾート“SONEVA”。

 ラグジュアリーとサステナビリティという一見相反するコンセプトの融和・共存を求めて、業界をリードし続けたリゾート経営者ソヌ・シヴダサニさんにポスト・コロナの時代のリゾートの在り方を聞いた。

 SONEVAホテル4軒の魅力と、ソヌ・シヴダサニさんのインタビューをお届け!


オーダーメイドの船旅で、モルディブの海を独り占め

◆SONEVA in AQUA(ソネバ・イン・アクア)
[Maldives]

 ソネバのコンセプトをそのまま洋上の旅へと延長。

 全長約20メートルのヨットはラグジュアリーなリビングルームと2つのベッドルームを備えている。

 ソネバフシとソネバジャニとの組み合わせがおすすめだが、泊数や航路はゲストの思いのまま。

 セラピストやシェフを含む計6名のスタッフが乗船し、完璧な旅を実現してくれる。

SONEVA in AQUA(ソネバ・イン・アクア)

料金 5,268USドル~(1艇2名利用、3食付き)
https://soneva.com/soneva-in-aqua

Feature

伝説を生むリゾートブランド
“SONEVA”の魅力

Text=Yoriko Kuroda
Edit=Shojiro Yano

この記事の掲載号

進化する世界のホテル

CREA Traveller 2021年冬号

進化する世界のホテル

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2021年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。