首都を象徴する東京駅舎という国指定重要文化財の建築、1915年のホテル開業から脈々と受け継がれてきたおもてなしの歴史……。

 唯一無二のラグジュアリーな空間で“タイムレス・エレガンス”なひとときを。


ゆったりと時が流れる非日常世界への旅を満喫

◆東京ステーションホテル[東京・丸の内]

 扉が開くと、まさにそこは別世界。東京ステーションホテルほど、その瞬間の高揚感を心地よく、そして優雅に感じさせてくれるホテルはない。

 東京の街を楽しむのに最高の立地だが、実はチェックインを済ませた後は館内から一歩も出ずに、滞在そのものを目的とするゲストが多いのも特徴だ。

 優美なインテリアは、フランス・トリアノンパレスをはじめ、数多くの上質な空間を手がけたリッチモンド・インターナショナルによるもの。

 随所にホテルが紡いできた歴史がアーカイブされ、全長約330メートルの客室廊下には100点超のアートを飾る。

 華麗な時代へと思いを馳せながらの館内散策は、滞在の醍醐味のひとつである。

文=矢野詔次郎 写真=長谷川 潤

この記事の掲載号

進化する世界のホテル

CREA Traveller 2021年冬号

進化する世界のホテル

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2021年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。