アムステルダムを本拠地とするロイヤル・アッシャーは、世界に流通する様々なダイヤモンドカットの考案で名高い名門ジュエラー。

 中でも74面を携える2つのシグネチャーカットは、特別な輝きと気品で、魅惑的な夏を演出する。


ロイヤル・アッシャー・カットが 74面から放つ輝きの秘密

まるで万華鏡のよう。センターには5.19カラットの「ロイヤル・アッシャー・カット」のダイヤモンドが。74面が繰り出す白い輝きと虹色の光、ドラマティックな煌めきに酔いしれたい。サイドにはマーキースカットのダイヤモンドが花のように配され、幻想の世界は一層極まって。リング(PT×センターDIA 5.19ct) 105,000,000円/ロイヤル・アッシャー(ロイヤル・アッシャー・オブ・ジャパン)

 “黄金時代”と呼ばれた17世紀頃より、ダイヤモンドの街として栄えてきたオランダ、アムステルダム。ロイヤル・アッシャーは彼の地で1854年に創業した名門ジュエラーである。

 6代にわたる歴史の中で偉業を重ね、1980年にオランダ王室より“ロイヤル”の称号を授けられた。

 偉業といえば'08年、史上最大のダイヤモンド原石「カリナン」のカットに成功したことが有名だ。

 が、それ以前の'02年、当時としては革新的な58面を持ち、後に名作となる「アッシャー・カット」を考案、一世を風靡したことも忘れ難い。

 ダイヤモンドのカットは15世紀頃から徐々に発展するも、道具や技術が未熟な時代は面が少なく、輝きも単純だった。

 そこにロイヤル・アッシャーは、トップに向かって段状に面が上昇する58面のスクエアカット「アッシャー・カット」を発表。創造的な八角形のフォルムとシャープで透明感のある輝きは注目を浴びた。

ゴージャスな取り巻きやダブルシャンクが個性的なリング、揺れるピアスなど、様々なスタイルにアレンジされた「ロイヤル・アッシャー・カット」のダイヤモンド。74面が放つ洗練された輝きが、幾何学的なデザインとマッチ。クールな夏を演出する。ピアス(PT×DIA) 2,072,400円、リング〈左上〉(PT×センターDIA 各0.30ct~) 934,000円~、〈右上〉(PT×センターDIA0.30ct~) 497,000円~、〈下〉(PT×センターDIA 0.30ct~) 847,000円~/すべてロイヤル・アッシャー(ロイヤル・アッシャー・オブ・ジャパン)

 時を経て2000年、それは実に74面を携える「ロイヤル・アッシャー・カット」に進化。光の反射と屈折をより複雑に、戻ってくる光の総量が多くなるよう仕上げられた。

 白い輝き=ブリリアンスはもちろん、虹色の輝き=ファイアや、キラキラした煌めき=シンチレーションも強調され、より精緻で刺激的な輝きが実現したのである。

 それから20年。「ロイヤル・アッシャー・カット」は今年も74面から輝きを放ち、大輪の花を咲かせている。

Edit, Styling&Text=Mami Sekiya
Photographs=SHINMEI(SEPT)
Assistant Edit=Mai Ogawa

この記事の掲載号

物語のある美術館

CREA Traveller 2020年夏号

あなたを待つ場所がある──
物語のある美術館

特別定価1,370円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。