この数年快調なスペイン経済に後押しされて、マドリードでは国内著名シェフのセカンドラインが続々進出。

 本店よりリーズナブルな価格設定! 食べ比べないわけにはいかない。おすすめの4軒をご紹介。


スペイン前衛料理の父、アルサックが遂に首都へ

●Ramses with Arzak Instructions(ラムセス・ウィズ・アルサック・インストラクションズ)

 アルカラ門の目の前に立つ歴史的建造物をフィリップ・スタルクのデザインで蘇らせたラムセスは、レストランスペースとしてこれまでに様々な著名シェフをエグゼクティブシェフに迎え、話題をさらってきた。

 2019年、アルサックのラムセス上陸に、首都のグルメたちが狂喜乱舞したのは言うまでもない。

 サン・セバスチャンで1989年から3ツ星を保っているアルサックの料理は現在も前衛の最先端だが、ここでは’90年代のアルサックの名料理の数々を中心に、何度もリピートしたくなる伝統料理を提供している。

Ramses with Arzak Instructions(ラムセス・ウィズ・アルサック・インストラクションズ)

所在地 Plaza de la Independencia, 4, Madrid
電話番号 914-351-666
営業時間 20:30~23:30
定休日 日・月曜
https://ramseslife.com/gastro/restaurante/

Feature

マドリードでスターシェフの
セカンドラインを制覇せよ

Text=Yuko Harigae(Giraffe)
Photo=Asami Enomoto
Coordination=Yuki Kobayashi

この記事の掲載号

まだ見ぬスペインへ

CREA Traveller 2020年春号

まだ見ぬスペインへ

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。