山派イタリア人に人気なのが、イタリア北東部のドロミーティ山塊とその周辺の山岳リゾート。イタリア人が世界に誇る山岳リゾート地帯には美しく雄大な風景だけでなく、豊かな美味が溢れている。四季折々の山の恵みを皿の中に美しく再現したイタリア料理をいただけるレストランを紹介。

» 第1回 北イタリアの老舗2ツ星レストラン
» 第2回 モダンなジビエや野草料理に舌鼓
» 第3回 地衣類や木の皮を食する不思議な体験
» 第4回 季節感溢れる郷土料理をモダンにアレンジ
» 第5回 その腕に誰もが驚く人気トラットリア
» 第7回 スプマンテの名門が開いた独創的レストラン
» 第8回 美食を楽しみながらプチ社会貢献

この開放感、気持ちよさ 
そして山の恵みのご馳走を

◆Hotel Belvedere
  (ホテル・ベルヴェデーレ)

左:こんな風景の中での朝食、最高に気持ちのいい一日のスタート。ビジターも朝食利用可能。
右:インフィニティプールもある。

 トレンティーノ=アルト・アディジェ州のボルツァーノから車でたった15分。急な山道を登って行くと、そこにはドロミーティ渓谷を一望する別世界が待っている。

左:“タンポポと川海老のリゾット” 15ユーロ。タンポポのように薬効のあるハーブを使ったメニューやヴィーガン対応メニューも。
右:“鴨のカルパッチョ” 14ユーロ。森のハーブを巻き込んだ胸肉を薄くスライスし、サラダ仕立てに。
朝食はスペックやベリー類などのアルト・アディジェならではのご馳走や、ヘルシージュースにたっぷりのサラダ、自家製パンなどが並ぶバイキング。

 トレッキングやマウンテンバイク、スキーなどのアクティビティ、充実したスパ&エステ、地元の山の恵みをふんだんに使った料理そして、静寂な時間……。「ホテル・ベルヴェデーレ」には山岳リゾートならではの贅沢が揃っている。

左:スタッフは南チロルの伝統服を着用。
右:眼下に見えるボルツァーノの街へは、徒歩約5分のゴンドラ駅から10分ほどで。

 しかも、サステイナビリティーを最優先で配慮! 身体の奥から気持ちよくなる喜びを享受したい。

Hotel Belvedere
(ホテル・ベルヴェデーレ)

所在地 Via Pichl 15, San Genesio Atesino, Bolzano, Trentino-Alto Adige
電話番号 0471-354127
http://www.belvedere-hotel.it/

●レストラン
営業時間 7:30~10:30、12:00~14:00、19:00~21:00(要予約)
定休日 水・木曜

●宿泊
料金 1名100ユーロ~(2食付き)
客室数 41室

【ACCESS】
トレンティーノ=アルト・アディジェ州は、県都ボルツァーノまで国鉄にてミラノ、ヴェネツィアからそれぞれ約3時間、州都トレントまではミラノから約3時間、ヴェネツィアからは約2時間半。
フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州ウーディネへは、国鉄にてミラノから約4時間、ヴェネツィアからは約2時間。車ではヴェネツィアから約3時間半。

Feature

イタリア人が愛する山の美味

Text=Sayaka Miyamoto
Photo=Kinta Kimura
Special Thanks=Daniela Patriarca(ICT-Italian Culinary Tradition)、Regione Südtirol/Alto Adige、PromoTurismoFVG

この記事の掲載号

イタリア

CREA Traveller 2017年夏号

イタリア人に愛される
イタリア

定価1110円(税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2017年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。