天草の旨みが満載のカジュアルフレンチ

◆Picasso(ピカソ)

 シェフの松田悠佑さんは、フランス料理の名店で腕を磨いた実力派。自ら考案したブランド地鶏「天草大王」のレバーペーストが大評判となり、2016年にレストランをオープン。

 お皿を彩る食材は、99%天草産で、ロザリオポーク、黒毛和牛、新鮮魚介など、ワインが止まらなくなる直球勝負の旨みが満載だ。

Picasso(ピカソ)

所在地 熊本県天草市南新町3-8
電話番号 0969-66-9595
営業時間 18:30~23:30 L.O.
低級 木曜 
交通 本渡バスセンターから徒歩約1分
https://picasso2014.com/

Feature

熊本から列車に乗って出かけよう
楽しい人気列車で“とっておき”の旅

Edit & Text=Shojiro Yano
Photographs=Atsushi Hashimoto

この記事の掲載号

2021年 日本の島旅へ

CREA Traveller 2021年夏号

2021年 日本の島旅へ

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2021年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。