スリランカに旅をする理由といえば、アーユル・ヴェーダ、紅茶やカレー、そして特に最近人気を集めているキーワード、「バワ建築」だ。

 バワ建築とは、建築家、ジェフリー・バワがスリランカのあちこちに作った独創的な数々の建築物を指す。

 トロピカル・モダニズム、熱帯建築などとも呼ばれ、世界中にファンが多い。今回はおすすめのバワ建築を5棟ご紹介。


国際空港からのアクセスも◎ バワ建築のホテル

◆Jetwing Lagoon(ジェットウイング・ラグーン)

白を基調とした建物は落ち着いた印象。

 西海岸のネゴンボにあるビーチリゾート。バワが手がけた最初のホテルであり、スリランカ初のリゾートホテルだ。

ガーデンにはバワの愛した木々が植えられている。

 2012年のリニューアルもバワの弟子である人物が担当し、面影を色濃く残している。

巨大なプールとラグーン(潟湖)が庭の役目を果たしている。

 天井の高いメイン棟は、プールとビーチに挟まれ、風が吹き抜ける心地よさ。

本格的なアーユルヴェーダを体験することもできる。

 また、国際空港からもアクセスがいいので、バワ建築の中でも比較的行きやすい。

Jetwing Lagoon(ジェットウイング・ラグーン)

所在地 Pamunugama Road, Thalahena, Negombo, Sri Lanka
電話番号 031-2233777
客室数 55室
料金 デラックスルーム 242.20USドル~、バワルーム 258.30USドル~
https://www.jetwinghotels.com/jetwinglagoon/

スリランカ民主社会主義共和国

時差 −3時間30分
電話 (国番号):+94
通貨 100スリランカ・ルピー≒¥57.10円
交通 空路で東京からコロンボまで約10時間
※掲載のデータはすべて2020年9月4日(金)雑誌発売時のものです。

Feature

自然と建物が溶け合う
バワ建築の庭を巡る

Text=Mei Hojo
Photographs=Nao Shimizu
Cooperation=PINK INC.

この記事の掲載号

庭園に遊ぶ

CREA Traveller 2020年秋号

深緑に抱かれ深呼吸!
庭園に遊ぶ

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。