ガリシア州4県のなかで、ポルトガルに隣接しているポンテベドラ県。

 その二大都市ビーゴとポンテベドラは、漁港として、工業の中心地として重要なだけでなく、歩いて楽しい、食べて美味しい訪れるべき街だった。

 おすすめのスポットを4つご紹介。


かご屋横丁に残る唯一のかご屋

Cestería Antonio Suárez(セステリア・アントニオ・スアーレス)

かつてはかご屋が集まっていたが、多くの職人が廃業してしまった。

 かつて、かご職人の工房兼ショップが9軒ほど軒を連ねていた旧市街のセステイロス(バスケット)通り。

店先には、セステイロス通りの歴史に関する解説が。

 通りの名はそのままだが、現在では昔ながらの工房を抱えているのは、アントニオ・スアーレスが営むこの店のみ。

昔ながらの風情が残るビーゴ。旧市街のかご屋横丁にて。

 ポルトガル出身の祖父の代から同じ場所で、自作のかごを販売している。

かごを編むアントニオ。

 街でも使いやすそうな買い物用のバスケットから、農作物の収穫用、テーブルに置いて使うタイプなど、ありとあらゆる形のかごが揃っている。

栗の皮や葦の一種などで編まれた多様なかご。

 かごと同じ素材で編まれた赤ちゃん用のガラガラなど、ユニークなアイテムも。

Cesteria Antonio Suarez(セステリア・アントニオ・スアーレス)

所在地 Rua Cesteiros, 8, Vigo, Pontevedra, Galicia 
電話番号 986-433-470
営業時間 10:00~14:00
定休日 日曜
https://www.museodevigo.org/

Feature

港街ビーゴ&ポンテべドラ
古き良きスペインを味わう

Text=Kazuyo Yasuda(KRess Europe)
Photographs=Atsushi Hashimoto
Coordination=Terumi Moriya

この記事の掲載号

まだ見ぬスペインへ

CREA Traveller 2020年春号

まだ見ぬスペインへ

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。