香港に着いたら真っ先に食べたいものといえば、そう、本場の広東料理。

 伝統を守り続ける名店が軒を連ねる一方で、国際都市・香港らしく世界の今を捉えた広東料理からも目が離せない。

 モダンに進化した最新中華を召し上がれ。


荘館
John Anthony

貝柱やアワビなどの乾物を昆布ダシで煮出したスープ。医食同源の考えを取り入れ、季節によって身体をケアする素材を組み合わせている。 190香港ドル。

 これまでの常識を超越したクリエイティブな点心で数々のアワードを受賞したレストラン「Mott(モット)32」。

エグゼクティブシェフのサイート・チャウさん。15歳でキャリアをスタートさせ、ヨーロッパでも学んだ豊かな経験から香港のシェフ仲間に慕われる存在。

 その人気店を手がけたチームが、世界のトレンドを踏まえて“環境保護”と“健康”をテーマにオープンした新店がこちら。

広東料理の定番の技法で調理した、牧草で育てた牛の赤身肉のチャーシュー仕立て。 480香港ドル。

 魚は天然ものにこだわらず、肉は健康的に育てられた赤身肉が中心。

 野菜も地元産の安全なものを厳選する。

ベジタリアンメニューにも力を入れている。キノコと大豆を包んだ点心。 80香港ドル。

 コロニアル様式の別荘をイメージしたラグジュアリーなインテリアには、リサイクルした廃材を活用している。

広東料理の注目の新店、荘館はコーナーごとにデザインの異なる美しいインテリアも必見。

 「香港のもつ多様性を感じてほしい」と考案されたメニューは、広東料理をベースにしつつ、上海・四川・北京・雲南料理のエッセンスをプラス。

 海のシルクロードの重要拠点だった歴史をひもとき、当時は貴重だった様々なスパイスを使った料理も多い。

白身魚のハタと伝統調味料の炒めものはシグネチャーメニュー。水産資源に配慮して適切に養殖されたものを輸入している。 580香港ドル。

 スパイスの香る自家製ジンもある。

 今の香港らしい新感覚の味覚を楽しもう。

荘館
John Anthony

所在地 Basement Level, Lee Garden Three, 1 Sunning Road, Causeway Bay, Hong Kong
電話番号 2898 3788
営業時間 11:30~15:00、17:30~22:00
定休日 無休 ※アラカルトのみ
http://johnanthony.hk/

Feature

極上の中華、香港にあり!
注目の最新レストランBEST3

Text=Shifumi Eto
Photo=Takashi Shimizu
Cooperation=Hong Kong Tourism Board

この記事の掲載号

香港・マカオ

CREA Traveller 2019年秋号

新しさと懐かしさと
香港・マカオ

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。