1893年、ヴァンドーム広場に初めて出店したハイジュエラー、ブシュロンが発信するのは、昔も今もパリの香り、自由なエスプリ。小粋でクールなデザインにおしゃれ心が刺激されて……。ほら、誰とも違う4つのパリジェンヌ風花嫁スタイルが完成!


 センターストーンをファセットカットが取り巻き、アームには2列のダイヤモンド。

 “エトワール(星)”という名のソリテールは文字通り、流れ星のようにたおやかに煌めく幸運のシンボル。採掘からすべてのプロセスで完全にトレーサブルなダイヤモンドが採用された、唯一無二の輝きが花嫁のハートを直撃!

どれにする? 私も彼も“キャトル”に夢中!

 ブシュロンのアイコン「キャトル」のシャワーがふたりを祝福! パリの石畳をイメージしてデザインされた多色のゴールドやPVDが重なり合い、ユニークな指元を演出。

 バリエーションが驚くほど豊富だから、彼とペア&シェアも楽しめるうえ、重ね着けもスタイリッシュ。記念日ごとにおねだりしちゃう?

モダンな“ファセット”でおしゃれ花嫁No.1に

 菱形に刻まれたファセット=面ごとにダイヤモンドの入り方が違う“ファセット”。リズミカルでモダンなデザインがパリジェンヌを魅了!

 ソリテールもエタニティも、ペンダントも揃えて、洗練されたスタイルを実現!ブレスレットタイプのリフレの新作とも、アールデコ調のボブヘア花嫁とも好相性。

“リズレ”でパリジェンヌ花嫁の仕上げは完璧!

 ジュエリーの聖地、パリ・ヴァンドーム広場に初めてブティックを構えたハイジュエラーならでは。広場の八角形を描くブラックラッカーの縁取りが印象的な“リズレ”でアールデコ花嫁に変身!

 記念写真はもちろんトルサードを背景に、イヤリングやペンダントも取り入れて。黒猫ウラジミールも特別参加?

ブシュロン クライアントサービス

フリーダイヤル 0120-230-441

Edit,Styling & Text=Mami Sekiya
Assistant Edit=Mai Ogawa
Photographs=Tetsuya Niikura(SIGNO)
Illustrations=Jody Asano

この記事の掲載号

日本のワインとご馳走に心躍る <br />テロワールを訪ねて <br />Terroir  Journey!

CREA Traveller 2022 vol.3

日本のワインとご馳走に心躍る
テロワールを訪ねて
Terroir Journey!

特別定価1,500円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2022 vol.3
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。