体や心に溜まった老廃物を出して、生まれ変わる、心身の浄化。

 実際に目に見えるものではないけれど、ここへ行けば必ず気持ちや体に新鮮な空気を取り込むことができる。日本の島の、先の先で見つけた旅。注目の離島3島と孤高のリゾートホテルをご紹介。


24時間味わい尽くしたい南の海の豊かな表情

◆奄美大島南部

 2021年に世界自然遺産に登録された奄美群島。奄美大島には羽田空港から約2時間半で行くことができるが、さらに車に揺られて2時間ほど行くと、観光化もほとんどされていないありのままの山や海に囲まれた、秘境のような南部の集落に辿り着く。移動中には、マングローブの原生林や、街から離れるごとに清らかになっていく海を眺められ、どんどん自然の気配が濃厚になっていくのが分かる。

 辿り着いた先の海は、さすがに雄大で、胸を打たれるほど美しい。しかも、南端では3方向が海に囲まれているため、夜明け、明るい昼間の陽光、サンセット、さらには月や星に照らされた夜の海まで様々な光と自然の組み合わせを堪能できる。ネオンも、街の雑踏も全くなく、目に映る風景と耳で感じる音をクリアに感じる。この経験だけでもう、心身が浄化されていくに違いない。

 また、南部で“パワースポット”と呼ばれているのが「ホノホシ海岸」。つるりと丸い石で覆われた不思議な趣のある海岸で、靴を脱いで歩けば足の裏に優しい丸みを感じる。波が打ち寄せるごとに石同士が当たりカラカラと音を立て、この音がまた心地よい。自然の要素が作り上げた場所の、なんてよくできていることか! と感動してしまうほどだ。丸石の上に座って静かに目を閉じるだけで、極上の浄化の時間を過ごすことができる。

 奄美大島を訪れるなら足を延ばしてほしい、本当は誰にも教えたくないような場所だ。

Feature

究極の浄化を求め
離島の先の離島へ

Photographs=Atsushi Hashimoto

この記事の掲載号

No Travell, No Life 今、行きたい9つの旅

CREA Traveller 2022年vol.1

No Travell, No Life
今、行きたい9つの旅

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2022年vol.1
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。