むき出しになった巨大な地層の壁や生々しさのある黒い大地……。

 “週末ふらり”が可能なアクセスの良さで圧倒的な別世界に連れていってくれる類を見ない島、伊豆大島。むき出しになった地球のパワーを全身で感じる旅へ。

 森の中に海のそば。本に浸れる宿もある。伊豆大島の魅力が反映された個性派の小さなホテル、ヴィラ、ゲストハウス3軒をご紹介。


次も泊まりたくなる個性豊かな宿が点在

 伊豆大島は意外と宿泊施設が多くない。噴火リスクがあるため外資系ホテルや大手ホテルチェーンの参入がなく、のどかな佇まいのプチホテルやゲストハウスが目立つ。

◆mashio hotel & resort

 旅好きのなかでリピーターが多いのがリゾートホテル「mashio hotel & resort」。

 島の中心地、元町から山に入り、急な坂をのぼった高台にある森に囲まれたリゾートだ。わずか3室の部屋にはすべてテラスが備わり、森の奥に海が見える。

 地元の山海の恵みをふんだんに使った料理も評判で、レストランだけ利用する人も多い。オーナー家族が腕を振るう朝食にも大島の恵みがぎゅっと詰まっている。

 現在は臨時休業しているが、椿油を使ったスパも好評だ。

mashio hotel & resort

所在地 東京都大島町元町字大洞492-1
電話番号 04992-2-7317
客室数 3室
料金(1室) 20,900円~(1室2名利用、朝食付き)
http://www.mashio.com/

Photographs=Sai

この記事の掲載号

2021年 日本の島旅へ

CREA Traveller 2021年夏号

2021年 日本の島旅へ

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2021年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。