話題のブランドホテルが今、注目の“エキニシ”に

◆ハイアット セントリック 金沢

最も贅沢な客室“カナザワスイート”。鮮やかな群青の空間が印象的。

 伝統とモダンが融合する歴史都市・金沢に、待望の外資系ブランドホテル、ハイアット セントリック 金沢が2020年8月1日(土)にオープンした。

客室のヘッドボードには、市街の道をモチーフにしたユニークなアートが。

 ニューヨークのタイムズスクエア、ヴェネツィアではムラーノ島、東京なら銀座と、街の個性を色濃く感じさせるロケーションのなか、自分らしいスタイルで滞在を満喫できるライフスタイルホテルである。

金箔アートと松を配し、絢爛な金沢情緒を見事に演出したロビーエリア。

 ブランド独自の美意識は、もちろん金沢でも満載だ。

 ロビーに到着すると絢爛な金箔アートがゲストを祝福し、九谷焼をはじめとした地元アーティストとコラボした作品100点以上が館内を彩る。

加賀人形の老舗「中島めんや」とコラボした可愛いアートも発見!

 伝統工芸にコンテンポラリーな感性を加えた演出に心が弾むことだろう。

リラックスしながら、市塚シェフの洗練された料理を味わえる「FIVE - Grill & Lounge」。

 オールデイダイニングでは、東京の人気ホテルの料理長を歴任してきた市塚学シェフが食材の旨みを豊かに表現したグリル料理を披露する。

美食体験も楽しみなハイアット セントリック 金沢。「FIVE - Grill & Lounge」のメニュー例。

 シェフの出身は石川県。地元の魅力を強く発信したいと意気込む。また、最上階のルーフテラスバーで味わう、泉鏡花をモチーフにしたオリジナルカクテルなども楽しみだ。

オープンエア席も用意し、素敵なひとときを過ごせる「Roof Terrace Bar」。

 金沢に生まれた新しいスタイルの滞在体験。この最新ホテルで体感を。

取材・文=矢野詔次郎
写真=橋本 篤
構成=矢野詔次郎

この記事の掲載号

庭園に遊ぶ

CREA Traveller 2020年秋号

深緑に抱かれ深呼吸!
庭園に遊ぶ

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。