芸術の秋を存分に満喫したいなら、今年、断然注目したいのが金沢。おすすめの芸術スポットを4カ所紹介。

 続々と話題のカルチャースポットが誕生している加賀百万石の城下町で美しい日本情緒に心安らぎながら、最先端アートを堪能しよう。


個性的なコンセプトでアート好きの心をつかんで離さない人気美術館

◆金沢21世紀美術館

レアンドロ・エルリッヒ《スイミング・プール》2004。撮影:渡邉 修/提供:金沢21世紀美術館

 妹島和世+西沢立衛/SANAAが設計した建築、レアンドロ・エルリッヒをはじめとした独自の世界観で魅了するアーティストたちの恒久展示、さらに個性的なコンセプトの企画展と、アート好きの心をつかんで離さない人気美術館。

(左)マーク・マンダース《Dry Figure on Chair》2011-2015、(右)ミヒャエル・ボレマンス《Autmat(I)》2008。Photo : Peter Cox / Cour、tesy : Zeno X Gallery, Antwerp, Gallery Koyanagi, Tokyo, / Tanya Bonakdar Gallery, New York / Los Angeles & David Zwirner

 今秋も世界が注目する展覧会が開催され、まさに旅の目的になるミュージアムだ。

撮影:渡邉 修/提供:金沢21世紀美術館

金沢21世紀美術館

所在地 石川県金沢市広坂1-2-1
電話番号 076-220-2800
開館時間 展覧会ゾーン 10:00~18:00(金・土曜 10:00~20:00)、交流ゾーン 9:00~19:00(金・土曜 9:00~21:00)
休館日 月曜(休日の場合は翌日、交流ゾーンは無休)
「ミヒャエル・ボレマンス マーク・マンダース│ダブル・サイレンス」(2020年9月19日~2021年2月28日) 1,200円
※要WEB事前予約、料金は展覧会により異なる。
http://www.kanazawa21.jp/

Feature

金沢 美しき城下町の
新しい魅力に出会う旅

取材・文=矢野詔次郎
写真=橋本 篤
構成=矢野詔次郎

この記事の掲載号

庭園に遊ぶ

CREA Traveller 2020年秋号

深緑に抱かれ深呼吸!
庭園に遊ぶ

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。