内装にこだわったリノベーションや、アーティストとのコラボ。

 そして美食のバスクを堪能できるレストランまでホテルの選び方は様々。ビルバオのおすすめホテルを3軒ご紹介。


ミシュランシェフの味が楽しめる

●Hotel Tayko Bilbao(ホテル・タイコ・ビルバオ)

エクストラ・ビュー・ルームのワイドに取られた窓からはネルビオン川が望める。

 旧市街に隣接、ネルビオン川沿いでリベラ市場からは歩いてすぐという立地。

クラシカルな外観である一方、建物内部には外装の一部が残されるなど、遊び心ある内装に。
“鴨の炭火焼き、洋ナシとレモン、生姜のチャツネ添え” 21ユーロ。「PATRI」での提供メニュー。

 建てられた1924年当時、ビルバオ旧市街で初めてのコンクリート建造物だった特徴をそのまま残し、住居兼店舗として使用されていた雰囲気をあえて生かしたモダンな内装にアップデートした。

“豚のスネ肉のオーブン焼き、特別なポテトピュレとグレービーソース” 19ユーロ。「PATRI」での提供メニュー。

 ホテル2階には3ツ星シェフ、マルティン・ベラサテギ氏のセカンドライン・レストラン「OLA」が、1階にはマルティンの監修のもと、右腕ラウル・カブレラが腕を振るうガストロバー「PATRI」があり、食通も足を運ぶ。

“エビのセビチェ、レモン汁と青リンゴ” 15ユーロ。「PATRI」での提供メニュー。
「PATRI」では宿泊者向けに朝食もサーブする。

Hotel Tayko Bilbao(ホテル・タイコ・ビルバオ)

所在地 Calle Ribera, 13, Bilbao, Vizcaya, País Vasco
電話番号 944-652-070 
客室数 54室
料金 303エクストラ・ビュールーム 143ユーロ~

<ガストロバー>
営業時間 朝食 7:00~10:30(土・日曜 8:00~11:00)、昼食 13:30~15:30、夕食 20:30~22:30(金・土曜 20:30~23:00)
定休日 無休
https://taykohotels.com/

Feature

美食からアートまで
バスクのホテルは嗜好で選ぶ

Photo=Takashi Shimizu
Coordination=Yuki Kobayashi、Yumi Oyama

この記事の掲載号

まだ見ぬスペインへ

CREA Traveller 2020年春号

まだ見ぬスペインへ

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2020年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。