伝統と革新が調和した新ランドマーク「ホテルロイヤルクラシック大阪」 

 昭和33年(1958年)の開場以降、長きにわたって大阪の人々に愛されてきた「大阪・新歌舞伎座」。

 その跡地に2019年12月、「ホテルロイヤルクラシック大阪」がグランドオープンした。

かつての「新歌舞伎座」の唐破風(からはふ)が連なる華麗な佇まいと意匠を引き継ぎ、低層部に復元。そして高層部は繊細でダイナミックなデザインを採用した、伝統と革新が調和する外観が印象的。

 平成21年(2009年)に閉館した「大阪・新歌舞伎座」の伝統的な意匠を継承する美しいランドマーク。そんな「ホテルロイヤルクラシック大阪」を手掛けたのは、世界的建築家の隈 研吾氏だ。

 連なる唐破風(からはふ)が「大阪・新歌舞伎座」を彷彿とさせる外観が印象的なホテルの中へと足を踏み入れると、そこに広がるのは、隈研吾氏設計ならではの“格子模様や直線美が生む和モダンな空間”。

 館内には木のぬくもりを感じられる設えが細部にまで施され、日本独自の美意識が息づいている。

客室は高さに変化のある天井が特徴。屋根のような独自のデザインを多くの客室に採用することで、独立した個別の家屋にいるような雰囲気をもたらしている。写真は、プレミアム・ツインルーム。

 客室数は、スイート9室を含む全150室。全室に照明・空調・アラーム・メッセージなどのコントロールができる客室タブレットを導入。

 これによって利便性を高めるだけではなく、全150室という規模だからこそできる、ゲスト一人ひとりの要望に合わせたハイクオリティなサービスの実現を目指すという。

12~19階の各フロアに1部屋ずつ設けられた「スイート」。東側一面に大きな窓面をとったリビングエリアからは、御堂筋や大阪の街が一望できる。

文=立花奈緒(ブレーンシップ)