女性をターゲットにした 都市型リゾートホテル

せっかくならぜひ選びたいのが、コラボレーションルーム。写真は、ピーナッツ・ジャズ・ルーム。

 大阪の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の8棟目となるオフィシャルホテル、「リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」が2019年11月13日(水)にグランドオープンした。

 客室数は、エリア最大規模となる全760室。2名から最大6名まで宿泊可能な客室は、15もの異なるデザインが施されており、さまざまなシーンに合わせた利用が可能だ。

 多彩なタイプの客室には、「ジュラシック・ワールド」や「スヌーピー」「セサミストリート」の世界観を表現したコラボレーションルームなども。

 さらにホテル最上階の14階はスイートルームをはじめとした全4タイプの客室が揃うラグジュアリーフロアとなっていて、「C.O.Bigelow」の限定アメニティセットのプレゼントや、14階テラスの 利用、専用カウンターでの優先チェックイン、レイトチェックアウトなど、多彩なフロア限定特典が用意されている。

メインレストラン「Cafe&Bar LIBER」のメニュー例。ディナーは、お酒と料理を楽しむバルスタイル。

 レストランは、2カ所。メインレストラは、1階の「Cafe & Bar LIBER」で、6:30~23:00まで営業するオールデイダイニング。

 朝食ブッフェ、カジュアルランチ、ホテル特製スイーツが味わえるカフェタイム、バルスタイルのディナーがそれぞれ楽しめる。もちろん、ビジター利用もOKだ。

3階「Dining BRICKSIDE」の朝食ブッフェの目玉は、25種類のコンディメントからオリジナルドレッシングを作って味わえるサラダバー。天気の良い日には、併設されたテラスで食事を楽しむこともできる。

 もうひとつは、朝・夕限定のブッフェスタイルのダイニング「Dining BRICKSIDE」。

 約40メートルのブッフェボードには、バラエティ豊かなメニューがずらりと並ぶ。熱・音・香で五感を刺激するライブ料理も用意され、まるで食のテーマパークのよう。

 “いままでにないスタイリッシュなホテルステイを提供したい”をテーマに、女性をターゲットにしたこちらのホテルは、ほかにも魅力的な施設がたくさんある。

安治川に面した広大なテラス。食事を楽しめるダイニング併設の”食事エリア”、人工芝生の上でのんびりと過ごす”ごろごろエリア”、イベントを行える”ステージエリア”の3部構成となっている。夜にはホテルのライトアップとともに美しいベイエリアの夜景が楽しめる。なお14階には、ラグジュアリーフロアの宿泊ゲスト専用の2つの展望テラスがある。

 大阪ベイエリアを一望できるテラス、天然温泉を引いた大浴場、そして「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」のグッズが購入できるストアなど。

  関西空港とホテルをつなぐリム ジンバスが運行しているので、 大阪観光の拠点としてもおすす め。「ユニバーサル・スタジオ ・ジャパン」を訪れるときのみ ならず、ぜひチェックしておき たい1 軒だ。

地下約1,000mからくみ上げた天然温泉の大浴場を備えたスパ「RIVERSIDE SPA」では露天風呂やサウナ、女湯には美肌効果が期待できる炭酸風呂を併設。
天然温泉などを有するスパは、日帰り利用も可能。さらに、エステサロン「リフレッシュサロン GLOW」があり、ボディ、フェイシャル、リラクゼーションマッサージの各メニューを用意している。

LIBER HOTEL AT UNIVERSAL STUDIOS JAPAN
(リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)

所在地 大阪市此花区桜島1-1-35
電話番号 06-6462-3333(代) 
https://hotel-liber.jp/

Column

至福のホテル最新ニュース

ラグジュアリーなリゾート、洗練されたシティホテル、和みの温泉旅館……。
世界の津々浦々から、とっておきの最新情報をお届けします!

文=立花奈緒(ブレーンシップ)