グローブ・トロッターとの
コラボレーションで実現

 ここ数年、スタイリッシュなショッピングモールのオープンなど、開発が進んでいるのが、北ロンドンのキングズ・クロス地区。その中心であるセント・パンクラス駅は、ヨーロッパ大陸と英国を往き来するユーロスターの発着駅でもあり、ロンドンの陸の玄関口です。

 セント・パンクラス駅は、国際駅だけに駅ビルも充実。2階には、レストランSt Pancras by Searcys(セント・パンクラス・バイ・サーシーズ)があり、ガラスフェンスの向こう側にユーロスターのプラットフォームを眺めながら、食事やドリンクを楽しめるシャンパン・バーが併設されています。

ガラス一枚向こう側は、ユーロスターが発着するホーム。旅情を誘います。テーブルには地図と、ユーロスターで行けるデスティネーションのプレートが。

 St Pancras by Searcysは現在、日本でも人気の英国発祥のトラベルケース・ブランド、グローブ・トロッターとタッグを組んで、今年の夏秋期間限定のスペシャル・アフタヌーンティー「The Art of Travel Afternoon Tea」を提供中。宝石のような小さなケーキやサンドイッチが、トラベルケースに入ってテーブルに届きます。

小さなトラベルケースに入ったアフタヌーンティーは、スイーツとセイボリーの2段仕立て。スーツケースにも世界地図が施されています。(c)Searcys  London

 「トラベル」をテーマに、スイーツはユーロスターのデスティネーションである都市にちなんだものばかり。濃厚チョコレートのフレンチ・オペラ・ガトー、ベルジャン・ホワイトチョコレート・ムース、パッションフルーツの酸味がさわやかなスイス・メレンゲと、ヨーロッパ各地の味が楽しめます。

 サンドイッチ類は、英国由来のフィリングが特徴で、バーフォード産のブラウン・エッグを使ったエッグマヨ・バン、スモークサーモンをのせた温かいクランペット、ヨーク産のハムを使ったサンドイッチなど。もちろんアフタヌーンティーの目玉のひとつであるスコーンも、リッチなクロテッドクリームとジャムと一緒に供されます。

ケーキもサンドイッチも食べやすい小さめサイズ。英国産スパークリングワイン、グレイフライアーズ(125ml)付きのオプションもあり(38ポンド)。(c) Searcys London

 このメニューを考案したエグゼクティブシェフのコリン・レイフィールドさんは、かつてレイモン・ブランやブルーノ・ルーベットといった英国のスターシェフの下で働いたり、近年ではザ・ベスト・シェフ・アワードを受賞したりと、華々しい経歴の持ち主ですが、遡るとシェフとしての仕事の始まりは豪華クルーズ船クイーン・エリザベス2号だったとか。トラベルをテーマにしたメニュー作りで、本領を発揮するのも当然かもしれません。

エグゼクティブシェフのコリン・レイフィールドさん。(c) Searcys London

 ロンドンにいながら、ヨーロッパ旅行気分を味わえるアフタヌーンティーです。

St Pancras at Searchys

所在地 Grand Terrace, St Pancras International Station, Kings Cross, London N1C 4QL
電話番号 020-7101-0220
https://searcys.co.uk/venues/st-pancras-brasserie/


The Art of Travel Afternoon Tea

期間 開催中~2019年11月30日(土)
料金 26ポンド

安田和代(KRess Europe)

日本で編集プロダクション勤務の後、1995年からロンドン在住のライター編集者。日本の雑誌やウェブサイトを中心に、編集・執筆・翻訳・コーディネートに携わる。
●ロンドンでの小さなネタをつづったインスタグラム @gezkaz
●運営する編集プロダクションのウェブサイト http://www.kress-europe.com/

Column

最旬シークレット・ロンドン

かつて王都を誇ったロンドンは、いまだ偉大なパワーを持ち、魅了溢れる街。そう、この都会はいつまでも飽きることがありません。世界の中心から発信される素敵な情報を、現地からそのままお届けします!

 

文・撮影=安田和代(KRess Europe)