ほっとできる“おふくろの味” 東京の家庭料理の店11選

ほっとできる“おふくろの味” 東京の家庭料理の店11選

とろり美味しい野菜カレーに心が和む
気取りのない目黒の逸品食堂へ!

 おとなになって、高級なレストランに行くようになったし、おしゃれな料理もたくさん知っている。でも、ふとした瞬間に、母の手料理が恋しくなったりしませんか?

 カレー、生姜焼き、ハンバーグ、肉じゃが……。慣れ親しんだあの味に出合える、ほっとできる家庭料理のお店をご紹介。

» 第1回 食べだしたらとまらない「鶏の唐揚げ」
» 第2回 からだがほしがる「野菜」
» 第3回 やっぱり食べたい「魚」
» 第5回 ふっと恋しくなる「生姜焼き」
» 第6回 ニッポンのうまい「洋食」
» 第7回 懐かしの「卵焼き」
» 第8回 ときどき食べたい「ハンバーグ」
» 第9回 ほっこりやすらぐ「汁もの」
» 第10回 ぐつぐつ「煮物」
» 第11回 結局おいしい「ごはん」

【おふくろの味】
#04 カレー

 カレー専門店が発展著しい昨今。そのバリエーションは数あれど、いま食べたいのは、どこかほっとする、おうちの温もりがあるこだわりカレー。

ひと口ごと心が和む、とろりと美味なカレー

◆ めぐろ三ツ星食堂[目黒]

野菜カレー(揚げ玉子付き) 1,300円。家庭的でありつつ、おだやかな香辛料使いがあとをひく。ホタテとマッシュルームのカレー、オムエビカレーなども。
オーナーシェフの関根志保さん。「オムライスもおすすめです!」

 大通りから脇道に入ると、芳しい香りが店先にただよう食堂がある。

 フレンチからスタイルを変え、オーナーシェフの関根志保さんが、まず出したかったのが野菜カレー。ほどよいとろみでほんの少しスパイシー、大きめにカットしたトマトやナスがごろごろと入っている。野菜は注文ごとにソテーして軽く焦げ目をつけるのがポイント。

「半熟に仕上げた揚げ玉子を崩しながら食べると、味に変化がつくわよ」(関根さん)

 お皿の縁までたっぷりのルゥを入れた皿は気取りがなく、食卓の延長のようなほっとした気分に。ジューシーでやわらかな立田揚げなど一品ものにも食指が動く。

ミニ立田揚げ(2枚) 380円。サクサクと軽やかな食感。好みでレモンをしぼってさっぱりと。
左:ランチは3回転する忙しさ。シェフのご主人が調理をサポート。
右:焼肉と生野菜のビビンバ風 980円。

めぐろ三ツ星食堂
所在地 品川区上大崎3-4-6
電話番号 03-3443-6568
営業時間 11:30~14:30(L.O.)、18:00~21:30頃(L.O.)
定休日 土、日、祝、月曜夜
席数 21
料金 ランチ日替わりオムライス、エビカレーなど、サラダ付き各1,000円。ディナーお正油オムライス 1,340円、MIXオムカレー 1,350円など
※カード利用不可、価格はすべて税込

<この記事の掲載号>

CREA 2016年6月号

がんばりたくない人のための
だらだらリラックスのすすめ。

定価780円

2016.05.27(金)

文=池田祐美子
撮影=深野未季

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2016年6月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ