物作りの姿を見守る森のアートスペース創造の世界を広げる復興のシンボル・図書館など土地の物語とともにある東北建築を見つめる旅へ。

 東北各地の訪れたいスポットを6箇所ご紹介。


庄内の海を水槽で再現曲線美が印象的な水族館

◆鶴岡市立加茂水族館
[ 設計:日本設計、設立:2014年(山形) ]

 山形県鶴岡市の海岸線にひときわ目立つ流線形の建物は、世界的にも珍しいクラゲの水族館。

 加茂の海に浮かび回遊するクラゲをイメージし、横から見ると滑らかな弧が生物的な優しさを、海近くからだと円錐形の迫力ある印象を与え、眺める角度によって様々な表情を見せる。

 館内は総延長約265メートルの動線を一筆書のように繋がりがある展示スペースを配し、コンパクトに収めた。

 展示のメインとなる直径5メートルの大型水槽は、いかにしてクラゲが美しく浮遊する姿を表現できるか、試行錯誤を重ねたという。

 まずは2メートルの水槽でクラゲの餌であるアルテミアの動きを実測し、そのデータを基に水槽内の流量・流速・指向性を検証。まるで海中にいるような理想的な“流れ”を生み出すことに成功した。

 照明の光の中に浮かぶクラゲは神秘を帯び、ただただ見ていたくなる美しさ。他にも色、形が多種多様なクラゲが数多く展示され、“自然界が生み出したアート”に心動かされる。

鶴岡市立加茂水族館
(つるおかしりつかもすいぞくかん)

所在地 山形県鶴岡市今泉大久保657-1
電話番号 0235-33-3036
開館時間 9:00~17:00(最終入館 16:00)
休館日 無休
料金 1,000円
https://kamo-kurage.jp/

Feature

建築という芸術を見に
東北の建築を巡る旅へ

Photographs=Takashi Shimizu

この記事の掲載号

手仕事からアートスポットまで デザインで巡る東北

CREA Traveller 2021年秋号

手仕事からアートスポットまで
デザインで巡る東北

定価1,350円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2021年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。