新形状続々のファンデ界でこれぞ革命的な新発見!!

瞬時にリキッドがパウダー状に変化し、艶めく美肌が完成。タン アンクル ド ポー SPF18/PA+++ 25ml 全7色 6,500円/イヴ・サンローラン・ボーテ(3/6発売)

 このところファンデーションの“新形状”が続々デビューしてること、気づいていただろうか?

 長年ファンデーションの市場はパウダータイプ、リキッドタイプ、クリームタイプという定番の3タイプが支配してきていた。もうこの3つがファンデの最終形で、これ以上の形状は現れないのかと思っていた。

 そこに登場したのが“ミネラルファンデ”であり“BBクリーム”。スキンケアも兼ねているから下地はいらない、肌にいいなど、これまでのファンデとはまったく異なる位置づけをうたった。これが日本でも意外なほどのヒットとなり、長い間変化のなかったファンデの世界が一気に動き出したのだ。

 そこへおもむろに現れたのが“オイル系”というまったく新しい形状。オイルが前面に出たファンデなどありえないと思ったが、使ってみるとこれが驚くべき“のり”と“もち”と“美しさ”。“新形状”時代の幕が切って落とされた。さらにCCクリームにルースファンデ、ジェルマスクといった新しいカテゴリーも登場して、ファンデ市場が完全に再編成されていったのだ。

 そして2015年、そうした“新形状モノ”の目玉となるはずなのがこの“インクファンデ”。インクってあのインク? 今やインクとつけペンなど誰も使わなくなってしまったから、現物を見たことがない人も少なくないだろうが、一般的にインクと言えば、紙にしみこむ形で発色するもの。その“しみこむ感じ”や文字の部分のみ“染めぬく感じ”をファンデで応用したいと考えたのが“インク系”なのである。

 その先がけとなったのがYSLのインクファンデーション。一見リキッドファンデに見えるが、肌にのせるとその違いは歴然。もっとサラサラで軽やか、のばした時の薄さが違う。まさに肌表面にしみこんで肌を染めぬくような印象をもたらすのだ。

 しかもキモチがいい。みずみずしいのにふわっと広がり、ピンとする。肌表面はすべすべになり、何もかもが新体験。重量感がまるでなく、言ってみれば羽根のよう。なのに意外なほどカバー力があって、重ねづけもOKだからシミだって隠せてしまう。

<次のページ> ランコムの新作コンパクトは“クッション系”

2015.02.02(月)
文=齋藤 薫
撮影=吉澤康夫

CREA 2015年2月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

カラダを整えればやせる!

CREA 2015年2月号

人生最後のダイエット
カラダを整えればやせる!

定価780円