2018年は、横山剣さん率いるクレイジーケンバンド(以下CKB)がデビュー20周年を迎えたアニバーサリーイヤー。3年ぶりのオリジナルアルバム『GOING TO A GO-GO』のリリース、そして横浜アリーナでのライブなど、アグレッシブな活動が続きます。

 CREA WEBでは、デビュー20周年を記念して、スペシャル対談を企画しました。剣さんのお相手としてご登場いただいたのは、熱狂的なCKBのファンとして知られる俳優の光石研さん。2人のケンさんは今回が初対面。全5回にわたり、濃密すぎる対話の一部始終をお届けします!

» talk02
» talk03
» talk04
» talk05


▼talk01

80年前後の原宿へタイムスリップ

光石 今日は話のネタにと思いまして、私物を持って参りました。

横山 いやー、嬉しいですね。クールスR.C.からダックテイルズのシングル「真夜中のサリー」(84年)にアルバム『七福神』(85年)まで。貴重!

光石 僕は横山さんがクールスR.C.にいらした時代からずっと一方的に追いかけていたんです。だから、その後参加したダックテイルズもすぐに買いました。

横山 有り難いですねー。

光石 1983年に原宿にあったクラブ「ピテカントロプス・エレクトス」で行われたクールスR.C.ライブも観ました。『KINGS OF ROCK'N'ROLL』(84年)というライブアルバムにもなりましたね。

横山 あのライブの日、持病の喘息が悪化しちゃって、実は当日の朝まで病院で点滴を打っていたんですよ。でも、シャ・ナ・ナ(69年から活動するアメリカのグループ。50年代のロックンロールやドゥーワップにオマージュを捧げた音楽性が特徴)のメンバーのレニー・J・ベイカーとスクリーミン・スコット・サイモンも参加するので、やるしかないと死にものぐるいで。

光石 すごかったです。「ダンス天国」から始まって、ロックンロールのオンパレードで。

横山 本番はなぜか大丈夫だったんですよ。あれは奇跡のライブでした。

光石 狭い空間が原宿界隈の洋服屋さんや、ちょっと大人の遊び人風のお客さんで満員になって。「ピテカントロプス・エレクトス」、通称「ピテカン」は、メロンやミュート・ビートといったバンドが活動していた先鋭的なクラブでしたね。

横山 そうですね。「ピテカン」はアパレルメーカーが経営していたこともあり、ファッション関係の人が多かったですね。当時の店長がBLACK CATSの初代ベーシストの陣内淳君だったので、僕らもよく遊びに行ってました。何回も出入り禁止になったり、ご迷惑ばかりおかけしていましたが。

2018.09.12(水)
構成=佐野郷子
撮影=鈴木七絵
スタイリング=下山さつき
ヘアメイク=山田久美子

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!