「大根」のマクロビレシピ

■材料
・大根:100g 
・塩麹:10g~ 
・カイワレ大根:適量

・オリーブオイル:適量
・レモン果汁:適量
・黒胡椒:適量

■作り方
(1) 大根は食べやすい長さで千切りにし、塩麹を揉み込んでおく。
(2) 1時間ほどおいて大根から水分が出てしんなりとしてきたら、水気を切りオリーブオイル、カイワレ大根、レモン果汁とあえる。お好みで黒胡椒を加えてもいい。

大根に塩麹を揉み込み、1時間程度おいた状態。絞ったりはせず、ざるなどに上げて水気を切ってからオリーブオイルなどとあえると、みずみずしい仕上がりになる。

大根から出てきた水分にも大根の旨味がたっぷりなので、捨てずに味噌汁やスープなどに加えて。その際には塩分も加味されているので味付けは加減するといいでしょう。

今回のマクロビレシピに
欠かせない食材はこれ!

» 塩麹

» オリーブオイル

中村恭子 (なかむら きょうこ)
地産地消料理研究家/健康管理士
クシマクロビオティックス・コンシェルジュ/食育アドバイザー
2011年東京都より長野県茅野市に移住。同年、自身のプロデュースするオールベジの焼き菓子を提供するCafe 楢 Oak(カフェオーク)をオープン。また地産の伝統野菜を紹介するイベントの企画・運営や、それらを使ったオールベジ料理・菓子のメニュー開発等を行う。東京都目黒区のセレクトショップ「essentia(エッセンティア)」にて、焼き菓子を販売。
ブログ(毎週水曜日更新) http://www.cafe-oak.net
※カフェの営業はゴールデンウィーク・夏季シーズンのみ
Facebook https://www.facebook.com/kyoko.nakamura.18
essentia(エッセンティア) https://www.facebook.com/essentiag/?fref=ts

撮影/秋元良平 http://ryohei-akimoto.jp | Facebook

Column

中村恭子のゆるマクロビをはじめよう

蓼科・東京を中心に活躍する、マクロビオティック・コンシェルジュ、中村恭子さんの提案する簡単マクロビメニュー。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、菜食女子ばかりでなく、肉食女子や酒豪女子からも大人気。まずは週末だけでも、ゆるマクロビをはじめてみませんか?

2018.02.13(火)
文=中村恭子
撮影=秋元良平

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!