2011年12月15年7月に続いて、今回3度目の登場となる高杉真宙。前回に続いて、17年の出演映画を振り返るほか、今、リアルに感じている俳優としての楽しさや醍醐味、これからの未来について語ってくれた。

自分がその場にいることに違和感がない
小林啓一監督の現場

――今年の7月には『ぼんとリンちゃん』の小林啓一監督と再び組んだ『逆光の頃』が公開されました。

 僕が小林監督と一緒にやらせてもらって、いちばん不思議なのが、「そこに自分が立って、話していることがまったく不思議じゃない」ということなんです。たまに、集中力が欠けているのか、自分がその現場にいることに違和感があったり、気持ち悪く感じたりすることがあるんです。小林監督の現場では、それがまったくない。そのときの自分とキャラとのシンクロ率が高いこともあると思うんですが、ナチュラルに演じられるんです。『ぼんとリンちゃん』を撮っていたときの自分は、リンちゃんに似ていました。今ではアニメを観ることが少なくなったこともあって、あの時期の異常なまでのオタク臭は自分にはないと思います。マンガとゲーム中心ですが……(笑)。

――本作で演じられた孝豊はちょっと妄想癖がありながら、これまでの作品と比べると、とにかくフツウすぎるほど、フツウなキャラですよね。

 前作も今作も、受け身中心のお芝居なので、周りの方が放つものを受け取って出していくわけですが、今回は孝豊が真ん中にいるにもかかわらず、周りのキャラの色が強いんです。そんななかで孝豊の存在が薄くならないようにする塩梅が難しくて、そこは監督と話し合いました。目立たないようにしながらも、目立つようにすることが大変でした。

――続いて、9月には『トリガール!』が公開。英勉監督らしいコテコテのコメディであると同時に、特にこちらから笑いを仕掛けないマイペースなキャラというのは難しかったのでは?

 動物園の檻とでも言いますか、これまでの現場とは違う、スゴく異様な世界に放り出された気がしました(笑)。自分が演じた高橋は、割と台本通りに進めていって、最後にオチがあるキャラだったので、ずっとそこに至るまでのフラグを立てていく感じで演じていたんですが、周りのキャストの方が動きで笑いを取るなど、とにかく激しい感じだったので、その中でどこか右往左往していましたね。

<次のページ> 宇宙人役に挑んだ黒沢清監督作

2017.12.22(金)
文=くれい響
撮影=橋本 篤
スタイリスト=石橋修一
ヘアメイク=堤紗也香

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!