穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。

◆「さつま芋」のマクロビレシピ

皮ごとおいしいさつま芋のポタージュ

 「さつま芋」の主成分はデンプンですが、カロリーは米や小麦の1/3程度。イモ類の中ではビタミンCの含有量がもっとも多いほか、食物繊維がたっぷり含まれています。また、皮の赤い色素に含まれるアントシアニンは、抗酸化作用があるとされています。

 今回から2回にわたって、秋においしいさつま芋を、皮ごと使ったスープレシピをご紹介します。

 まずはホクホクしたさつま芋の食感が楽しめる、優しい味わいのポタージュです。味付けは塩麹のみなので、薄味に仕上げれば離乳食にも応用できます。

 焼き芋やふかし芋、スイートポテトなど、おやつとして活躍することの多いさつま芋。お食事メニューのレパートリーにも加えてみませんか?

» 旬の食材/「さつま芋」の詳細

<次のページ> 「さつま芋」のマクロビレシピ

2017.09.19(火)
文=中村恭子
撮影=秋元良平

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!