中村恭子のゆるマクロビをはじめよう

中村恭子のゆるマクロビをはじめよう

乳製品を使わず甘酒で甘味をプラス! 
ひと味ちがうスイートポテトの作り方

 穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。

◆「さつま芋」のマクロビレシピ

甘酒スイートポテト

 「さつま芋」は痩せた土地でも育つので、昔は飢饉の際に人々を救う役割を担っていました。ビタミンCの含有量が多いほか、食物繊維がたっぷり含まれており、体の内も外もキレイにしてくれる優秀な野菜です。皮の赤い色素であるアントシアニンには、抗酸化作用がありアンチエイジング効果も期待できます。また漢方では気力と体力をつける食材と言われています。

 今回はさつま芋の定番スイーツ、スイートポテトのレシピをご紹介します。甘味料として使用するのは、栄養が豊富で「飲む点滴」とも言われる甘酒です。更には栄養満点の皮ごといただけるレシピとなっています。

 バニラ、シナモン、ココナッツオイル、メープルシロップと4種類の甘い香りが合わさることで、作る最中から食べる時まで幸せな気分にしてくれるはず。

 あなたの大切な方が落ち込んでいたら、元気を出して! とプレゼントしてみてもいいかもしれませんね。

» 旬の食材/「さつま芋」の詳細

<次のページ> 「さつま芋」のマクロビレシピ

2016.09.06(火)

文=中村恭子
撮影=秋元良平

同じテーマの記事

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ